• トップ>
  • お風呂>
  • 我が家のお風呂事情☆今後の入浴方法検討中(人工呼吸器)

我が家のお風呂事情☆今後の入浴方法検討中(人工呼吸器)

対象者

性別
年齢 3歳
診断・症状 気管切開 呼吸器装着 経鼻経管栄養

実践者

保護者(母) 我が家は建て売りだったので、こうちゃん仕様にはなっていない普通の浴室なんですよね。
ベッドに引き続き、お風呂もサイズアウトしてしまったんですよね~(。-_-。)
やっぱり湯船にゆっくり浸けてあげたいんですよね(´Д` )
今後の入浴方法を考えているんですが、どの方法が良いのか、決めかねております。

ハウツー

我が家のお風呂の全容です。
扉は風呂場側に開く形で、全開にしてこの程度です。
洗い場のスペースは、長さ140㎝、奥行き100㎝くらいあります。
多分、シャワーチェアは置けると思うんですが、介助する人のスペースがあるかが微妙なところ。。
そして浴槽には、半身浴が出来るような段差があるんですよね(ー ー;)
一般家庭にはありがたい機能なのかもしれないけど、我が家の場合はむしろ迷惑な話でして。。これが無ければシャワーチェアが置けたのにな~(T_T)
今後の入浴方法は、今のところ2つの案が出ています。
①洗い場スペースに大きめのビニールプールを置いて、その中にシャワーチェアを置く。
②浴槽の段差を解消するように、台を置いて浴槽をフラットにして、シャワーチェアを置く。

福祉用具の業者さんに相談したところ、オーダーで段差解消用の台が作れるみたいなので、ママ的には②の段差解消のプランでいきたいと思っています。お値段は少々かかるみたいですけどね…。
だって…ビニールプールだと、すぐにカビさせる自信があります( ̄▽ ̄)笑

お風呂の中でシャワーチェアを使うのが難しそうな場合は、リビングにビニールシートを敷いて、介護用の簡易浴槽などを置き、ポンプで注水・排水をするという方法も考えてますが、なるべくグッズは少なくシンプルにしたいので、リビングでの入浴は避けたいところです(ー ー;)

まずは、シャワーチェアをレンタルさせてもらって、サイズ感を確かめようと思っています。
ちなみに、こうちゃんは今のところ自発呼吸も出ているので、人工鼻に酸素を流しながら入浴をしています。(部屋からお風呂場までの長い酸素チューブをつけています)
自発呼吸が難しくなってきたら、呼吸器をつけたまま入浴するか、アンビューでバギングしながらの入浴になると思います。となると介助者が2人入れるスペースも必要です。
ますます悩ましい^^;
ちなみにこれは、去年の写真ですが、やっぱりすでに脚をしっかり折り曲げて入浴しないと入れない感じです^^;

ケアチャネルより一言

半身浴の段差がデメリットにもなるんですね。
お風呂は悩ましい問題の一つですが、お子さんの介護の場合、成長とともに方法が変わっていきます。ベストな入浴方法が見つかるといいのですが(^^)
下の「関連するまとめ」もご参考に。

こうちゃんの番付表

※記事内で紹介している方法等は、あくまで体験者の実践している方法であり、当社において安全性や症状の改善・効果等を何ら保証するものではありません。お客様ご自身においてご確認の上、対象者の症状、性質、身体状況などを踏まえ、お客様の自己判断で実践してください。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント