市主催の「呼吸器っ子家族会」☆多職種の方との情報交換や共有の意義(脳性麻痺)

コミュニケーション
連携ハウツー

対象者

性別
年齢 2歳
診断・症状 脳性麻痺
気管切開 呼吸器装着(人工鼻併用) 経管栄養

実践者

保護者(母) ハロウィンの日
昨年初めて開催した交流会の2回目のセッションに参加してきました(^^)
今回、場所は今年四月にオープンしたレスパイト病院にて。
つーさん宅から車で15分のこの病院。
まだ書類提出してはいませんがやはりこの近さは魅力で、今後お世話になるつもりでいます。
下見も兼ねて交流会へ☆
今回、参加したのは6家族、同伴した呼吸器っ子は5名♪
はじめましてな可愛い一歳の男の子もいました(^^)

ハウツー

まずは軽い自己紹介から、ガラス張りの向こうとこっちで親子分離にて茶話会。
飛行機に乗って北海道へいくと言う大きなチャレンジをこなしたお友だち家族のプレゼンもありました。
フリートークでは、注入や胃ろうについての話、お風呂の工夫、最近チャレンジしたこと、レスパイトの必用性、そして就園・就学についてなど、話題はつきることなく。
やはり当事者同士じゃないと解りあえないこともあり、情報交換や共有はとても有意義だったと感じました。
この会の大きなポイントとして、訪問看護師さん、デイケアのスタッフさん、療育・支援学校の先生方、相談員さんなど、重心っこに関わる多方面の方々が、私たち親の話し合いを聞きに来てくれること、と言うのがあります。
ぜひ、こういった機会を通じて私たちのケア生活の実情をより一層認識していただけたらいいなと思います。
今回、もともとかかりつけ病院でつーさんの担当だったケースワーカーさんと再会したり。
Rちゃんママがこのブログを読みに来てくれていることを知ったりして(^^)
色々と嬉しい驚きがありました!

ちなみにこの写真は、お姉ちゃんのきーちゃん。
幼稚園のお友だちとハロウィン超満喫中☆
予定が丸被りして幼稚園ママたちに託してしまいましたが、いい子に楽しめたみたいです(^^)

コツ・ポイント

つきのあかり

※記事内で紹介している対応・サービスは、あくまで体験者の対象者に合わせた実践例であり、全ての対象者の症状・状況に適しているものではなく、当社において情報等の正確性、完全性、確実性、有用性を有すること等について、何ら保証するものではありません。記事内で紹介している対応・サービス等は、お客様ご自身においてご確認の上、対象者の症状、性質、身体状況等を踏まえた上で、お客様ご自身の責任においてご利用ください。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント