児童館に行こう☆気負わずに近くの遊び場を(訪問看護ステーション ベビーノ)

コミュニケーション
その他

対象者

性別 指定無し
年齢 指定なし
診断・症状 サポートが必要な新生児・小児

実践者

訪問看護ステーション ベビーノ 熊田曜子さんが「児童館に入れてもらえなかった」事件?!が波紋を呼んでいましたが、、

ベビーノっこのご家族にとっても、児童館はなかなか勇気のいる場所です(´・ω・`)

沢山の子供たちがいると思うと感染も心配だったり、ママたちが集団でいたらどうしようと思ったり・・

ハウツー

でも、行ってみると意外と空いていたり、スタッフの方が手伝ってくれたり、他の人には会わずに遊べる部屋があったり!

その地域によって、児童館の環境は違いますが、本当に色々な特色があります(^.^)
お出かけする場所ができるように、そしてどのような場所なのかを確認するためにも、計画を立てて児童館に一緒に行くこともあります☆

保健師さんに相談すれば付いてきて下さることもありますよ(^_^)v

気負わずに〜近くの遊び場を活用できると良いですね(*´꒳`*)

ケアチャネルより一言

児童館や子育て支援センターなどはちょっと敷居が高く、医ケア児やバギーっこには理解がないだろうと、行く前から構えてしまう場所ですね(^_^;)
ところが行ってみると意外にウェルカムだったりもします☆
ほんと「気負わずに」というのは難しいですが大事かもしれません(^^)

まめまめ日誌〜訪問看護ステーション ベビーノ

※記事内で紹介している方法等は、あくまで体験者の対象者に合わせた実践例であり、全ての対象者の症状・状況に適しているものではなく、当社において安全性・効果・不具合の不発生等を何ら保証するものではありません。また、全ての施設において、記事内で紹介されている設備・サービスが実施されていることを当社において保証するものではありません。各施設等における対応・施設・サービス等は、お客様ご自身においてご確認の上、対象者の症状、性質、身体状況等を踏まえた上で、お客様ご自身の責任においてご利用ください。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント