声☆やっぱり聴けると嬉しいもの(CFC症候群)

対象者

性別
年齢 5歳
診断・症状 CFC症候群
気管切開 経鼻経管栄養

実践者

保護者(母) いっちゃん、結局木曜日は熱が上がり続け
座薬切れるたびに39度超え
座薬入れても38度台で可哀想でしたが、
翌日には解熱。
やはり手足口病でした
恐ろしや…

さちの方が軽かったのは、
やっぱり月齢のせいなのかな?
強くなったなぁ…

ハウツー

てんやわんやでしたが、
金曜日には無事に園の親子お泊まり会に
さちと参加できました

いつもと違う状況に
ドキドキしながらも、
ちゃんと受け止めて楽しめたさち

成長を感じました!!

お友達や先生たちと
一緒にお風呂に入ったり、
一緒に寝れたんだよ

数年前には考えられなかった姿。

秋には単独お泊まりもあるので、
母はドキドキやけど
きっとやり切ってくるやろな
楽しみやーーー




で、タイトルの『声』。

こないだの検査後、
カニューレサイズダウンするも
変化がなかったさちでしたが、
ここに来て声が出始めた!
レーザーで焼いたとこの
腫れがひいてきたのか??

全力で笑うと声が漏れるよ

前回もそれで喜んだら
2ヶ月弱でまた塞がって出なくなったから
浮かれ過ぎたらあかんけど、
でもやっぱり声が聴けると
飛び上がるほど嬉しいです

ケアチャネルより一言

さちくんの成長はほんとすごいです☆
声も嬉しいですし、お泊まり会での頼もしさも嬉しいですね!
これからも楽しみです(^^)

◎さちママ日記◎〜CFC症候群で気切っ子さちとの記録〜

※記事内で紹介している器具・製品等は、当該器具・製品等の取扱説明書等をご覧の上、正しくお使いください。記事内で紹介している器具・製品等の使用方法を含め、記事内の方法は、あくまで体験者の実践している方法であり、当社において安全性や症状の改善・効果等を何ら保証するものではありません。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント