• トップ>
  • あそび>
  • 浮き輪やビニールボートを使って☆夏のアイテムの活用(訪問看護ステーション ベビーノ)

浮き輪やビニールボートを使って☆夏のアイテムの活用(訪問看護ステーション ベビーノ)

あそび

対象者

性別 指定無し
年齢 新生児・小児
診断・症状 サポートが必要な新生児・小児

実践者

訪問看護ステーション ベビーノ すっかり暑くなり、街には夏の商品がいっぱい(^^) 夏アイテムの活用を考えてみました!

ハウツー

浮き輪をくぐるためには頭を下げたり、腰を落としたり~ボディイメージがついていないと、上手にくぐれませんσ(^_^;)
遊びの中で楽しく取り組めると、子供たちの吸収は早いものです(^_-)
慣れが出てこないように、くぐる物を変えてみたり~色々工夫できるといいですね♪
こちらは100均で買ったビニールボート(^^)
膨らませてみたところ、なかなか良い形(^_-)
お風呂の洗い場に置いて、赤ちゃんを寝かせ~身体を洗えば、お風呂マットより柔らかくて気持ち良さそう(*^^*)
覗き穴?!にちょうど頭がはまります( ´艸`)
適度に空気を抜いてあげるのが良さそうです♪
床に置いて、ゴロンと寝かせて、ユラユラ動くのを感じるだけでも楽しいかも(^_-)
他にも色々と使えそうな予感☆

コツ・ポイント

他にも、ボディイメージをつける方法としては、
髪の毛を留めるゴムバンドに鈴をつけて、足からでも頭からでもくぐらせて、腹巻き状態にして、それを自分で身体から外させるという練習もあります☆ 鈴があった方が音も鳴ることで意識させやすくなります。 お腹からお尻に通す時に引っかかり、ここにはお尻があるんだ!と認識させて、足まで下ろしてくると、ここにはかかとがあるから引っかかるのか!と自分の身体の位置や形に気づかせてあげます(^^)

まめまめ日誌〜訪問看護ステーション ベビーノ

※記事内で紹介している方法等は、あくまで体験者の実践している方法であり、当社において安全性や症状の改善・効果等を何ら保証するものではありません。お客様ご自身においてご確認の上、対象者の症状、性質、身体状況などを踏まえ、お客様の自己判断で実践してください。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント