• トップ>
  • あそび>
  • OTの先生のオススメアイテム☆ラバーグリップで持つ力をカバー(人工呼吸器)

OTの先生のオススメアイテム☆ラバーグリップで持つ力をカバー(人工呼吸器)

対象者

性別
年齢 2歳
診断・症状 気管切開 呼吸器装着(人工鼻併用) 経鼻経管栄養

実践者

保護者(母) 筋力が弱い子のえんぴつ持ち&おはし持ちにつながる!?アイテム。
ラバーです☆

ハウツー

そらは指先に力があまり入らないので、物を人差し指と中指で持とうとしていた(^_^;)
つまむことができないので近い指同士で物を挟んで持とうとする。
気になっていたそらママはOTの先生に相談してみた。
すると、まずは親指と人差し指の付け根を物でたくさん刺激することが大事だと教わった☆

次に先生に勧められたのがラバー。
そらファミリーは写真の福祉用品を買ったが探せばホームセンター等で代用品があるとのこと。
最初はそらの大好きな鉄琴につけてとにかく親指と人差し指の間に物を持つ練習を♪
最初の写真の下の箱に書いてあるいろいろなラバーの形なのだが、手が小さいそらは左から2番目がぴったりで、一番左の大きさはえんぴつ等につけるには太すぎた。(握るのが精一杯でえんぴつ持ちはできない。)
一番右は試してないが楕円じゃなく円の形だし、大きさが小さい子によさそうだなーと思っている。

書きやすいペンにもラバーをつけて使ってみた☆
すると・・・
しばらくすると右手ならば親指と人差し指の間に物を持てるようになり、その後えんぴつ持ちがきれいにできるようになった。
現在は箸に食べ物をつけてあげれば、箸を口に運ぶこともできるように合格♪

力がない分、筆圧が薄かったり、箸を食べ物に入れても物によってはすくいきれなかったり、、まだまだ課題は山積みだが....
とりあえず前には進んでいるのかな(^^)

ケアチャネルより一言

少しの工夫やこうした補助具を使うことで、できることも増えます☆
どんなものが合うのか色々試したいですね(^^)

呼吸器っ子☆そらとママの手作り生活

※記事内で紹介している器具・製品等は、当該器具・製品等の取扱説明書等をご覧の上、正しくお使いください。記事内で紹介している器具・製品等の使用方法を含め、記事内の方法は、あくまで体験者の実践している方法であり、当社において安全性等を何ら保証するものではありません。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント