• トップ>
  • あそび>
  • お家でのリハビリ☆トーマススイッチを使って楽しむ方法(痙性四肢麻痺)

お家でのリハビリ☆トーマススイッチを使って楽しむ方法(痙性四肢麻痺)

対象者

性別
年齢 4歳
診断・症状 痙性四肢麻痺

実践者

保護者(母) お友達からの贈り物☆スイッチ&トーマスをいただきました!早速、使ってみました。パパが少し手を加えることでもっと便利なアイテムに変身しましたよ♪

ハウツー

①音が鳴って光が出る☆息子は興奮モードでスイッチをバシバシたたいてトーマス動かしていました♪
②先ほどのスイッチをこのスイッチをパソコンのマウスに接続して、パソコン操作ができるように♪パソコンでトーマスで遊ぶ息子です。  

コツ・ポイント

息子的には座位や立位では操作しにくいようで、寝転んだ格好にしてスイッチ触らせると…スイッチ連打しておりました♪
どうやって画面を見やすい位置に設置するかなぁ??スイッチ押しながら見れる体勢を探ってみようと思います。

のんびりのんびりだいちくん!

※記事内で紹介している方法等は、あくまで体験者の対象者に合わせた実践例であり、全ての対象者の症状・状況に適しているものではなく、当社において安全性・効果・不具合の不発生等を何ら保証するものではありません。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント