車椅子で持ちやすい☆かわいい手作り手さげかばん(脳性麻痺)

対象者

性別
年齢 10歳
診断・症状 脳性麻痺

実践者

保護者(母) お出かけの際には何かと荷物が多くなり大きめのかばんが必要です。市販の手さげかばんは、持ち手の幅が狭いものが多く、車椅子に引っかけにくいことがあります。使いやすいかばんを自分で作製してみましたのでご紹介します。

ハウツー

娘のお気に入りのキャラクターの生地を使ったかばんです。
持ち手を写真のように広くとってあります。
実際に車椅子に引っかけて使っている写真です。車椅子のハンドルに余裕をもって引っかけられます。
中身も取り出しやすく便利です。

ケアチャネルより一言

車椅子やバギーにこうしたカバンはとっても便利です。特に吸引など医療ケアに必要な物品をすぐに取り出せるというのが大きいです☆
そして、どうせなら可愛く(^^)
同じように取り付けられている方もけっこういますよね!

※記事内で紹介している作製方法・作製物等は、あくまで実践者の対象者に合わせた実践例であり、全ての対象者の症状・状況に適しているものではなく、お客様が作製された物を含め、当社において安全性等において何ら保証するものではありません。実践される場合には、利用する製品の強度・使用方法等をお客様ご自身でご確認の上、対象者の症状、性質、身体状況などを踏まえ、お客様の自己判断で実践してください。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント