• トップ>
  • 身だしなみ>
  • ひいばあちゃんの手作り在宅グッズ☆人工鼻カバーと保冷剤リュック(CFC症候群)

ひいばあちゃんの手作り在宅グッズ☆人工鼻カバーと保冷剤リュック(CFC症候群)

身だしなみ

対象者

性別
年齢 2歳
診断・症状 CFC症候群
気管切開 経鼻経管栄養

実践者

保護者(母) ひいばあちゃんが来てくれて、たくさんさちの在宅グッズを作ってくれた♡

こんなのあったらいいな~!っていうアイデアはたくさんあるんやけど、自分じゃ作れないので、「こうこうこんなやつ欲しいねーん!」と言えばささっと作ってくれる。
ひいばあちゃんは神(☼◡☼)!!!

ハウツー

まずは、人工鼻カバー☆
人工鼻が顎に当たってすごく荒れてたさち。
可愛いカバーを作れないかな?と型紙だけ作って依頼したところこんな素敵に作ってくれた(*´ω`*)
ダブルガーゼなのでお肌にも優しくて、使いだしてから肌荒れが治った!

今回はたくさん洗い替えを縫ってくれて助かったーーー♡
それから、保冷剤リュック☆
去年も作ってもらったやつをサイズアップ*バージョンアップ!
家にある保冷剤がすっぽり収まるサイズ感や、背中側に撥水素材の生地を使ってたり、紐がゴムになってて背負いやすかったりと工夫がいっぱいヾ(o´∀`o)ノ!!

体温調節が下手で暑さに弱いさちにとってこれからの季節の必需品!!!

こういう、欲しいけど売ってないものをささっと作ってくれるひいばあちゃんは本当にすごい!!
近くに住んでたら、医ケア児*病児のためのグッズ屋さん
できるのになー(●´⌓`●)笑

ケアチャネルより一言

器用なひいばあちゃんの手作りケア用品☆
保冷剤リュックはこれから暑くなる季節にぴったりで重宝しそうですね(^^)

◎さちママ日記◎〜CFC症候群で気切っ子さちとの記録〜

※記事内で紹介している作製方法・作製物等は、あくまで実践者の対象者に合わせた実践例であり、全ての対象者の症状・状況に適しているものではなく、お客様が作製された物を含め、当社において安全性等において何ら保証するものではありません。実践される場合には、利用する製品の強度・使用方法等をお客様ご自身でご確認の上、対象者の症状、性質、身体状況などを踏まえ、お客様の自己判断で実践してください。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント