• トップ>
  • 身だしなみ>
  • 初体験の訪問美容☆ママもお世話になっている美容師さん(ウエスト症候群)

初体験の訪問美容☆ママもお世話になっている美容師さん(ウエスト症候群)

対象者

性別
年齢 2歳
診断・症状 ウエスト症候群
胃瘻

実践者

保護者(母) 今日は月曜日。
世の美容院はお休みです。
そんな貴重な日に…

あんちゃんのために、イケメン美容師さんが我が家には来てくれました~♪( ´▽`)
奥さん今日はいないから、ときゃわいい2歳の息子さん連れて♪( ´▽`)

ハウツー

いえ~い!今から切りまーす!
パパもママもカットしてもらってる美容師さんです。

最近同じく美容師の奥様と独立してオシャレなお店をオープンされたばかりの忙しい時期に(^_^;)
申し訳ない~!
前のお店で切ってもらってた時から「一緒に独立する子と訪問美容したいなって話してるねん」と話されてて、ママはママで我が家にはあんちゃんって障害児がいて簡単に髪の毛切りに出かけたりできませんねん~と話していたら、「行ったげるよ♪( ´▽`)」と言ってくれてましたが、今回マジで実現しました!

なにされるのですか、わたし。
髪の毛が飛び散らないように、レジャーシートを敷きました。
記念すべきカットなので、じじにわざわざカメラマンしにきて!と依頼(笑)
ケープの下は、いつもの座位保持椅子のヘッドレストを外して座り、頭はママが支えていました。
ママがいつも一発でカットする前髪もキレイに整えてもらって。
後ろ。
寝ぐせついたままですが(笑)
横。
かわい~♪( ´▽`)

あんちゃん、よかったね~。

なんと美容師さん、「訪問のカットの相場がわかんないんで、お代は今度パパかママが来てくれた時でいいです。」なんて言う~( ꒪⌓꒪)
どこまでええ人なんや。

「いやいや、そんなん困ります!次から頼みにくくなるし払わせて~値段言うて~!」とキチンと払わせていただきました。
お店、大繁盛でものすごい忙しい美容師さん。
何もわざわざ訪問しなくても十分お店だけでやっていけるはず。
それなのに、お店に行けない人のために忙しい時間を使って来てくれる。

これからお年寄りや障害者児、療養の場は病院ではなくどんどん在宅に移行していきます。
一人では出かけられない人、病院なんかのどうしても必要な外出は家族に手伝ってもらえても、美容のために外出を手伝ってって言いにくい人も必ずいるとママは思う。
そんな人のために、訪問美容、ぜひぜひ軌道に乗せてほしいな~!
お金たまったらシャンプー台がついた移動美容車を買ってパーマやカラーもできるようにしたいっておっしゃってました。

あんちゃんも末長くお世話になりま~す♪( ´▽`)
次は、坊主頭が伸び放題のはっくんかな(^_^;)
「スネオみたいなあたまにしてもらう!」そうです(笑)
お兄ちゃんより先に美容師さんにカットしてもらったあんちゃん、昼からは訪問PT頑張りました~♪( ´▽`)
いい笑顔♪( ´▽`)

ケアチャネルより一言

確かに療養の場は病院から在宅へとシフトしつつあり、在宅資源も徐々に増えてはいますが、まだまだ足りません。そんな中、こんな美容師さんの存在はほんとにありがたいですね☆
すっきり可愛く切ってもらって、あんんちゃんよく似合っています(^^)

あんちゃんのペース☆

※記事内で紹介している器具・製品等は、当該器具・製品等の取扱説明書等をご覧の上、正しくお使いください。記事内で紹介している器具・製品等の使用方法を含め、記事内の方法は、あくまで体験者の実践している方法であり、当社において安全性等を何ら保証するものではありません。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント