• トップ>
  • 身だしなみ>
  • 浴衣って案外着せやすい☆車椅子で行く夏祭り(ウエスト症候群)

浴衣って案外着せやすい☆車椅子で行く夏祭り(ウエスト症候群)

対象者

性別
年齢 17歳
診断・症状 低酸素脳症 点頭てんかん 脳性麻痺

実践者

保護者(母) 娘の通う学校の夏祭へ行ってきました。
今まで何度か浴衣を着せて行ってます。今回は私のお下がりの浴衣。ちょうど高校生の時のもので、カナも高校生になりそろそろ体格も少しは大きくなり着せてみるとぴったり。

ハウツー

前合わせは、やはり着せやすいです。袖ぐりも広いので、腕を通しやすい。
ただ一つ難点は、胃瘻の部分。注入するとき浴衣の裾をはだけないといけなくて隠すタオルが必要だったかな。

季節折々の服装を、車椅子だから無理(・・;)と、諦めるのではなく出来る限り試してみることは必要だと思います。

ケアチャネルより一言

意外にユニーバーサルな浴衣。確かに前開きで袖ぐりが広い浴衣は着脱しやすいかも☆
諦めずにできる限り試してみる…大事ですね(^^)

KAIGOO!

※記事内で紹介している方法等は、あくまで体験者の実践している方法であり、当社において安全性や症状の改善・効果等を何ら保証するものではありません。お客様ご自身においてご確認の上、対象者の症状、性質、身体状況などを踏まえ、お客様の自己判断で実践してください。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント