• トップ>
  • 身だしなみ>
  • 水遊びの時の気切保護☆エプロンが簡易的なカバーに変身(脳性麻痺)

水遊びの時の気切保護☆エプロンが簡易的なカバーに変身(脳性麻痺)

対象者

性別
年齢 4歳
診断・症状 脳性麻痺
気管切開

実践者

保護者(母) プールPTの時に気切保護カバーをどうしているかと言う質問をいただいたので、我が家の対策を記録しておきます(^_^)
上手にカバーを作ったりしているお友だちもたくさんいますが、つーさんはかなりテキトーです(○´3`○)
なので参考になるかはわかりませんが…。

家族との川遊びのときやビニールプールくらいの時は、特にカバーはせずにバルブで入っています。
療育の際水が結構かかったり、プールが深いときは人工鼻+カバーをしてみています。
カバーは通園の給食エプロンを使い回しています。
つーさん普段自宅ではテキトーにタオルをあてながら食べていますが、通園ではエプロンが必要で。
市販のビニール地のやつは、暑くて緊張誘発しても嫌だし気切が苦しくても可哀想かなーと、ママがタオルを縫って作りました。

ハウツー

こちら、給食で使っているエプロンです。
普通の四角いタオルの両端を少し摘まんで首回りの幅を調節し、100均の留め具(あかちゃんの簡易エプロンにしたり、おもちゃ留めにしたりするやつ)を片側だけ縫い付けました。
これをクルクルと折り畳み、このまま首にくるっと巻きまして、クリップを反対側のタオル端に留めます。
するとムチウチの患者さんのようになります(笑)
上からシャワーやミストが降りかかる遊びをするときなどは、更にこの上に半分幅に折り畳んだフェイスタオルを被せたりもしました。
今のところこれをつけていて、ガーゼが濡れたことはありません。
ただ、首の後ろ側のバンドは濡れます(笑)
なので、療育の水遊び後は毎回ままがバンドを取り替えています。
通園で以外と派手に水遊び参加させてもらっているので、来年はカバーが濡れないようにぐるりとカバーできるものを作ろうかな、と思案中です。
本来はこうやってつけます(・3・)
エプロンされて、なにか食べるのかとテンション上がったつーさんでした。なにもありませんよ~。

ケアチャネルより一言

もちろんしっかりカバーするに越したことはないですが、ちょっとした水よけには十分かもしれません☆
エプロンでテンション上がるくらい摂食も順調な様子ですね!いい笑顔(^^)

つきのあかり

※記事内で紹介している作製方法・作製物等は、あくまで実践者の対象者に合わせた実践例であり、全ての対象者の症状・状況に適しているものではなく、お客様が作製された物を含め、当社において安全性等において何ら保証するものではありません。実践される場合には、利用する製品の強度・使用方法等をお客様ご自身でご確認の上、対象者の症状、性質、身体状況などを踏まえ、お客様の自己判断で実践してください。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント