• トップ>
  • 身だしなみ>
  • エリザベススタイ☆季節に合ったかわいい手作り(ウエスト症候群)

エリザベススタイ☆季節に合ったかわいい手作り(ウエスト症候群)

対象者

性別
年齢 4歳
診断・症状 ウエスト症候群
胃瘻

実践者

保護者(母) 週末雨ふりすぎー( ꒪⌓꒪)

お外に行きたくても行けないはっくんとこっちゃんが家の中で走り回ったり戦いごっこしたり、仲良く遊んでるかと思えばケンカしたり…(^_^;)

卒園に向けて、いろいろ作らなあかんもんとか作業が必要なこともやってしまおう!とはっくんとやるのですがなんせじっくりやるとか細かい作業とか性に合わないらしく、すぐ終わる( ꒪⌓꒪)

絵を描いて遊ぶ、とかぬりえとかそーゆーのしたがらないもんなー。

フィギュアに戦いごっこさせてたり、自分が戦ったり、室内でもなわとびするくらい体動かしたいはっくんと、同じこと真似したいこっちゃんです(^_^;)

ハウツー

逆に、ママはじっくり本読んだり、ミシン部屋にこもっていろいろ作りたいねんけどー。
いくら雨でも家の中で戦ってる人がいたらママがじっくりこもる時間なんかあるわけがなく(^_^;)

みんながお昼寝した隙や、夜寝てから。

こっちゃんのスタイ量産~♪( ´▽`)
女子っぽい可愛い柄は、ママのスタイを気に入ってくれている貴重なお友達の
(◍•ᴗ•◍)

今までこっちゃんのスタイは数えきれないほど作ってきましたが。

なんせこっちゃん汚いから(笑)

よだれマンやし、ご飯食べさせたらぐっちゃぐちゃやし(^_^;)

すぐスタイが黄ばんでしまうのです。
ハイターしても、オキシクリーンでオキシ漬けしても無理。
ダブルガーゼが黄ばむと落ちません( ꒪⌓꒪)
なので、もう黄ばんだのはさよなら。
新しいのを作り続けるしかないのです。

必然的に黄ばみが目立ちにくい濃い生地を買ってしまうようになりました(笑)

新柄(◍•ᴗ•◍)
ママこの冬イチオシの新柄は、ニットのような模様のダブルガーゼ♪( ´▽`)
めっちゃ可愛いーと一目ぼれ。

これもほんとはオフホワイト買いたかったけど、グレーにしました。

半円形の形したのは、以前、あんちゃんが入園するときによだれをタオルで拭くのかスタイか何がいいかなーって悩んでたときにアドバイスいただいた「エリザベススタイ」なるものです。

やっとこさつくれたー!
試作品第一弾。
こっちゃんが付けるとこうなります(笑)
お地蔵さんみたい(笑)
あんちゃんがつけると…
きゃわいー♪( ´▽`)

写真撮り忘れましたが、これをつけたままお顔の方にくるんとひっくり返すとそのまま頭の下に敷いた感じに寝ることもできるという優れもの(◍•ᴗ•◍)

あんちゃんに実用的かなー
使ってみないとわからんかなー(^_^;)

汚れたらくるっと回せるのがいいとこなんやけど、背中側に汚れたところがきたら抱っこしている方が汚れてしまうし(笑)

肩があったかそうで防寒に良さそうな気はします♪( ´▽`)
そして、スタイを作るのにかかせないプラスナップ。
めっちゃ可愛いの見つけてしまったー!
星とかハートとかあるの(◍•ᴗ•◍)
赤い矢印がプラスナップ。
星の生地に星のプラスナップ(笑)
100均の入れ物にピッタリ収納できて大満足!
で、ママがミシン部屋にいたらはっくんが来て「なにつくってるん?だれのつくってるん?」と聞くので(^_^;)

はっくんには肩かけタオルを。
こっちゃんのスタイとあんちゃんのエリザベススタイと同じ生地で。

はっくんの保育園ではみんなハンカチをゴムでくくって肩からぶら下げています。

これ見たら、あーあそこの保育園の子やな、てわかる(笑)
でもすぐ手拭けるし便利そうです(◍•ᴗ•◍)

普通のハンドタオルとかでいいんやけど、もうはっくんに肩かけタオル作ってあげるのもこれが最後やろうなーって、ちょっとしみじみしながら作りました。

来年からはこっちゃんが肩かけタオル使い始めるんやけど(◍•ᴗ•◍)

決してお裁縫得意じゃないし、上手でもないけど、二日間くらい夜子どもたち寝てからの時間で作れるものなら達成感を感じられるので作れます(笑)

次はまたあんちゃんの胃ろうパット作りたいなー♪( ´▽`)

今日は完全に大したことないママの趣味の話でした(笑)

ケアチャネルより一言

360度使える全方位型スタイ!ママさんの手作りすごいです(^^)
通常のスタイだといつのまにかマントになってしまって、、キャッチして欲しいものができないことよくありますもんね☆
あんちゃんとっても似合ってます(^^)

あんちゃんのペース☆

※記事内で紹介している器具・製品等は、当該器具・製品等の取扱説明書等をご覧の上、正しくお使いください。記事内で紹介している器具・製品等の使用方法を含め、記事内の方法は、あくまで体験者の実践している方法であり、当社において安全性等を何ら保証するものではありません。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント