徹底解明☆吸引器も入れられる車椅子バッグ (急性脳症)

対象者

性別
年齢 13歳
診断・症状 急性脳症

実践者

保護者(母) 徹底解明☆「吸引機も入れられる車椅子バッグ」

バリアフリーこども介護服 ぷるちーの

ハウツー

こんなお悩みに・・・

★仰々しい硬いかばんではなく、ちょうど良い大きさのバッグがなかなかない・・・
★蓋がついていて、それでいてさっと開けられるバッグがない・・・
★吸引機だけでなく、付属品もいっしょに収納したい・・・
★車椅子に載せると、幅が合わなくどうしても横向きになってしまうので、使うときいちいち取り出さないといけなくなる・・・
★いかにも吸引機というバッグではなく、オシャレに可愛く、さりげなく持ちたい・・・
★重いバッグだと、扱いが大変・・・
そんなお悩みを解消するバッグを作りました。

→吸引機に付属品を入れてもまだ余裕があります。

→蓋がついていて、中が見えない構造。しかも蓋の裏側にはティッシュボックスや消毒、おしりふきなどが入れられるポケット付き!!
→外から見ても、オシャレ。しかもラミネート生地なので、多少濡れてもOK 軽い。

→中は2重構造となっており、取り外して綺麗に保つことも可能です。

→底板もついているので、吸引機は安定します。
→バギーの底のスペースに、正面を向けてすっぽり入るサイズ。
→かばんの向きは正面に入るので、底に入れたまま、蓋をさっと開けて、吸引可能です。
RVポケットで検証。

内袋には吸収出来る素材が貼ってあります。
吸引機だけでなく、色々なシーンで活躍してくれます。
オムツを入れても、蓋におしりふきが入れられます。
着替えなど入れても大容量。軽くて扱いやすい。

是非チェックしてね!!

購入先:バリアフリーこども介護服 ぷるちーの

ケアチャネルより一言

実際に不便に感じることやいろいろな方のご要望を受けての工夫が満載のぷるちーのさんよりバッグのご紹介(^^) 今回はゆうくんモデルはなしですが、ポイントを細かく解説してもらっています☆

バリアフリー子供服ぷるちーの

※記事内で紹介している方法等は、あくまで体験者の実践している方法であり、当社において安全性や症状の改善・効果等を何ら保証するものではありません。お客様ご自身においてご確認の上、対象者の症状、性質、身体状況などを踏まえ、お客様の自己判断で実践してください。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント