活躍の時がきた!☆息子のためにしてあげた事(滑脳症)

対象者

性別
年齢 2歳
診断・症状 滑脳症 気管切開
経鼻経管栄養 呼吸器装着

実践者

保護者(母) もう2年も前、まだたーさんがNICUかGCUにいた頃の事。

毎日面会に行っていたけど、お家に帰ったらなーんにもやる事ない。搾乳するぐらい。


なので、たーさんの為に何かしてあげられる事をしよう。って訳で、退院したら使える物を作る事にした。生まれる10日ぐらい前まで仕事をしてたので、当時は作る余裕がなかった。

ハウツー

↑おもちゃ。中に鈴が入っている。たーさんは、自分で物を掴んだりできないので、あまり使わない。鈴の音を聴かせるぐらい。
↑おくるみ。フード・耳付き。色んな用途で使えるので、初代がボロボロになって、これは2代目。最近、西松屋で同じ様なの見つけて、ショックを受けた…
↑よだれかけ。いまどきはスタイって呼ぶん?
バイアステープでヒモにして結べる様に作った。一応リバーシブル。


よだれかけを作ったけど、座ってる事が無いし、抱っこの時は、自分で拭いた方が早い。

なので、作ったけど、タンスの奥にしまい込み、作った事すら忘れていた(≧ڡ≦)


座位保持椅子ができて、座れるようになったら、発作の後なんかに、唾液がドバッと垂れてくる。

最初は、クビにタオルを巻いてて、これは、よだれかけ要るわーって思って。あっ、そーいや、前に作ったわ!って、やっと思い出した
↑こんな感じ。右のは可愛くてつい買ったスヌーピーのやつ。

約2年ぶりに出てきて、活躍の機会に恵まれた、よだれかけ。お地蔵様のよだれかけみたい…(*≧ε≦*)

作った後に、丸にヒモじゃなくて、三角でマジックテープにしたら良かったとか思ったけど、全く使ってないし、使う機会ができた事がただ嬉しくて、形なんか、もうどーでもいいや(˃∇˂)

気が向いたら、また作ろうー('ᴗ')

ケアチャネルより一言

新しいお友達のたーさん(^.^)
ママさん、すごいです、全て手作り&手縫いだなんて☆
たーさんによく似合ってますね!
これからよろしくお願いします☆

のんびりいこまい❀日本初の遺伝子変異で滑脳症の息子

※記事内で紹介している作製方法・作製物等は、あくまで実践者の対象者に合わせた実践例であり、全ての対象者の症状・状況に適しているものではなく、お客様が作製された物を含め、当社において安全性等において何ら保証するものではありません。実践される場合には、利用する製品の強度・使用方法等をお客様ご自身でご確認の上、対象者の症状、性質、身体状況などを踏まえ、お客様の自己判断で実践してください。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント