• トップ>
  • 身だしなみ>
  • 人工鼻カバーと水着の裾上げ☆着られなくなった服を再利用(滑脳症)

人工鼻カバーと水着の裾上げ☆着られなくなった服を再利用(滑脳症)

対象者

性別
年齢 3歳
診断・症状 滑脳症  気管切開 経鼻経管栄養 呼吸器装着 

実践者

保護者(母) 本格的に暑くなってやる気を無くす前に、色々作っておいた

ハウツー

①人工呼吸器の人工鼻カバー
人工呼吸器用の人工鼻。月に4個、病院から支給してもらっている。
回路に繋ぐとこんな感じ。

この人工鼻、横向きに寝かせた状態で使うと、矢印の所が腕に当たって痛そう…

しばらくタオルを挟んで様子見してたが、移動した後とかに、その都度挟み直すのが面倒くさいので、カバーを作ってみた
柄は2パターン。裏の布は着られなくなった、たーさんの服を再利用。
ぐるっと巻いて、マジックテープで固定するだけ。無いよりはマシかな〜。
②裾上げ

プールで履く息子の海パン、サイズか分からず80を買ったら大きかって。

訪看さんに相談したら、裾をつめちゃえばいいんじゃない、とアドバイス頂いたので裾上げしてみた 裾を切って縫っても良かったが、もう少し大きくなっても使えるように、5cmほど内側に折り込みまつり縫いした。
③園用のにぎにぎとセンサーコードバンド

園用のにぎにぎ(便利な物③ )もあったらいいなって思って作った

前回と変えた所は無し。鈴を中に入れてみたけど、音があまりキレイに聞こえないから、やはり外にした。
クジラ柄の布を出したついでに、センサーコードバンド(便利な物⑥)も作った。

これも裏は着られなくなった服を再利用。
暑くなったら何も作らない気でいたが…
ついつい、前開きにしないと着られない、息子用の夏服を数着買ってしまい…

シーズンが終わる前に気合を入れて加工頑張る

ケアちゃネルより一言

呼吸器回路、見た目以上に重さもあり、肌に当たっている部分は痕がくっきり。。
簡単に取り外しが可能なこのようなカバー便利です☆
しかもかわいい(^^)

のんびりいこまい❀日本初の遺伝子変異で滑脳症の息子

※記事内で紹介している器具・製品等は、当該器具・製品等の取扱説明書等をご覧の上、正しくお使いください。記事内で紹介している器具・製品等の使用方法を含め、記事内の方法は、あくまで体験者の実践している方法であり、当社において安全性等を何ら保証するものではありません。

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント