桜につつまれて☆素敵な入学式と素敵な息子の笑顔(ダウン症)

趣味・イベント

対象者

性別
年齢 6歳
診断・症状 ダウン症候群

実践者

保護者(父) 息子の入学式がありました。家内と2人で出席し、支援学校の門をくぐりました。
桜は丁度満開。ほどよいあたたかさの中の入学式でした。

ハウツー

新しい水色のバギーで行きましたが、とてもかっこ良く、「よく出来てるな〜」と機械設計を本業にしているだけに写真を撮りまくって一人感激。
先生も皆で協力して子どもを育てているといった雰囲気がとてもよく出ていて、家内ととても安心した次第です。
当の息子は、違った環境に置かれて初めこそ少しとまどっていましたが、すぐに慣れて、先生方にもいい顔を見せていました。多分親がいるから安心しているのかもしれません。
入学式、息子は家内と入場、私は保護者席で見ていました。息子は式が終わるまで、新しいバギーにおとなしく座っていたようです。
それにしても今日の入学式は感心しました。小、中、高一緒の入学式だったのですが支援学校の入学式ですから騒ぐ子が多いと思いきや、割と静かに進んでいきました。
特に良かったのはPTA会長の挨拶で、弾き語りでさだまさしの「いのちの理由」を歌われたのですが、とてもいい歌で驚きました。
その後、その後、高等部の女の子が新入生代表として壇上でスピーチをしていました。とてもゆっくり、淡々とメモを見て話していたのですが、彼女が感じているつらさについて、さらっとふれたとき、それにとても心が動いてしまい、息子のことを重ね合わせてとても共感してしまいました。

コツ・ポイント

今日の入学式は今まで見たことが無いとても素敵な入学式でした。
家に帰ってからしばらくご機嫌だったのですが、やっぱりストレスが溜まっていたのか、突然ヒステリックに泣き出し、私が会社に行くまでの間、ずっと抱いていてやりました。家内に聞くとしばらくはやっぱり泣いていたそうです。でもよく頑張ったと思います。
そんな姿がありありと見えて、とてもかわいくいとおしく思えた瞬間でもありました。私も仕事だけでなく、家庭にもっと関われるよう努力しようと思いました。

ダウン症児の育児ブログ/子供の情景

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント