ありがとういっぱいの入園式☆兄弟児と同じ私立の保育園へ(ウエスト症候群)

趣味・イベント

対象者

性別
年齢 3歳
診断・症状 ウエスト症候群
胃瘻

実践者

保護者(母) あんちゃんが生まれた時、あんちゃんは重度の障害を負うことになるだろうと言われた時、その時のママには今日のキラキラしたあんちゃんは想像できませんでた。
にぃにと同じ制服を着て、みんなにおめでとうと言ってもらって、立派に入園式に参加する姿。
あんちゃんが三年半懸命に生きて、少しずつ広げていった人脈の広さ。

たくさんの人のおかげで、「兄弟児と同じ私立の保育園に入園」が実現できました。

ハウツー

あんちゃんこっちゃん入園おめでとう(◍•ᴗ•◍)
はっくん年長さんに進級おめでとう(◍•ᴗ•◍)
前日から、訪問OTさんに明日行けそう?あんちゃん体調大丈夫?と心配していただいたり、お友達からいよいよ明日だね!とメールもらったり。
当日朝までわからない。とドキドキしましたが、無事入園式に参加できました。
ずっと抱っこだったからか、式の途中で寝た(笑)
そしてじっとできない一歳児( ꒪⌓꒪)
在園児の中にはっくん見つけて行こうとする(^_^;)
これは式の前ですが。
あんちゃんこっちゃんの席一番前で来賓のど真ん前やったしー( ꒪⌓꒪)
はっくんは年長さんらしくお歌歌ったり、お経唱えたり、新入園児に首飾り渡しに行ったり、こちらをチラチラ見ながら(笑)頑張っていました(◍•ᴗ•◍)
式の後は、各クラスに分かれて説明を聞きます。
寝ちゃったあんちゃんは、あんちゃんスペースで寝んねさせてもらいました(◍•ᴗ•◍) 見守ってくれる加配の先生、看護師さん二人。
次々見にきてくれる主任の先生、園長先生。
どんなVIPやねーん!(◍•ᴗ•◍)
あんちゃん用に棚も準備してくださって、バスタオルとかおもちゃとか、あんちゃんに必要そうなものは何かなって考えて準備してくださっていました。
たくさんのありがたい配慮をいただいてスタートを切ることができて、ママも頑張ろう!と気持ちを新たにしました。

そりゃあ式の前新入園児の待合室に入った時には痛いほどの視線を感じましたけど(^_^;)
でもここなら頑張れる、って思えるあたたかい入園式。あたたかい保育園だとママは思います。
全てはこれからやし、いろいろあるだろうけど。
入園式が終わってから、今日ははっくんも早退してじじばばと合流。
家族写真を撮りにいきました。

そして実母にも夕方来てもらってみんなでお祝いご飯会。
明日からいよいよ慣らし保育の始まりです(◍•ᴗ•◍)

はっくんはこっちゃんとバスに乗るのを超楽しみにしています♪( ´▽`)

ママの手を振りほどいてバスに乗りたがっていたこっちゃんは、明日バスに乗る時一体どんな反応するんやろ、と家族みんなが楽しみにしています(笑)

ママは三人分のお帳面やら毎日の準備が想像つかなくてパニックです( ꒪⌓꒪)

たくさんの人に助けてもらって、たくさんの優しさのおかげで実現した保育園活。 いつか、看護師として、誰かにお返しできるように。
今はまだママに何ができるかわかりませんが、あんちゃんの入園はママが社会に出る第一歩でもあります。

そんな記念すべき日の写真をお友達や、お世話になった人に送りまくり、たくさんお礼を言いたいのに…

こっちゃんにケータイ壊されたー( ꒪⌓꒪)

バグったiPhoneで返信もままなりません(T_T)

お祝いのお花まで送ってくれたYちゃんママありがとうー♪( ´▽`)
このバラ、なんとせっけんでできてるの!
せっけんのいい匂い、あんちゃんにも届きました♪( ´▽`)

ケアチャネルより一言

制服姿、とても似合っていてかわいいです!
ここに至るまで、たくさんの方の尽力、理解や配慮があったと思いますが、とにかく一言、おめでとうございます☆
これからもまだバタバタすると思いますが、これから楽しみですね(^^)

あんちゃんのペース☆

※記事内で紹介している器具・製品等は、当該器具・製品等の取扱説明書等をご覧の上、正しくお使いください。記事内で紹介している器具・製品等の使用方法を含め、記事内の方法は、あくまで体験者の実践している方法であり、当社において安全性等を何ら保証するものではありません。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント