初めての宿泊学習☆心配もよそにいっぱい楽しんだ一泊二日(ウエスト症候群)

趣味・イベント
お出かけ・旅行

対象者

性別
年齢 10歳
診断・症状 ウエスト症候群

実践者

保護者(母) 1泊2日で、アミティ舞洲へ行ってきました!
4.5年生と先生や看護師さんたち、総勢約50人強!!
プールや体育館などがある「舞洲障がい者スポーツセンター」と隣接してて、大阪府内の支援学校はほぼ利用してるんじゃないかな?
もちろん、個人でも申し込めます。
遠方からユニバにお出かけの際にはおすすめ(駐車場無料)
家族風呂もあるんだってー。それはいいねー。
食事形態も普通食から、刻み食、ミキサー食も対応です。

ハウツー

前日、やはりロゼレムだけでは・・・寝れましぇ~ん(lll-ω-)ズーン
2時前には寝た・・・と思うけど、そこからもちょいちょい起きてたような。
で、朝。
もちろん、起きるはずもなく・・
でも、着替えたりしてたらうっすらお目目が開いてきた!!
当日の荷物を詰めて、もももスタンバイOK!!

爆睡(uωu*)。o○ZZzzZZzz

10分ほどまだあるし、そのうち発作で起きるはず!!
・・・
・・・・・
・・・・・・・こない!起きない!!
じゃあ、いつも発作こずに寝かせてくれよぉ~!!と激しく言いたい!!

一瞬で深いとこにいったんでしょうね。
気持ち良さそうだけど、そろそろ出発せねばっ!
バス乗って学校いくよぉ~!!

ちょっと半笑いなももすけww
目、ほとんど閉まってますけどー

ご飯食べれてるかな?
ぐずってないかな?
寝てるかな?
電話かかえってけーへんかな?と思ったけど、電話もなく翌日。

帰りは様子も聞きたかったし、学校までお迎えに。
眠くて、泣いて、食べれなくて注入でしたー(泣)とかだったら、と思ったけど・・

先生からの第一声は
「全然泣かずで、ご飯もしっかり食べて、にこにこだったし、いっぱい誉めてあげて下さい!って」(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ-

しっかり、オールナイトで女子会もしましたー!!って(;^_^A アセアセ・・・

23時半頃にロゼレムで一旦1時間ほど寝たあと、3時頃まで起きてたらしい。
でも、家と違って静かに先生やお友達の話しを聞いてたみたい。

で、5時に「先生、起きる時間やでー!」と起して(笑)自分は2度寝してたらしい。

朝食、いつもは寝てるから注入なので無理そうなら注入でOK!って言ってたんだけど、やはり、寝てるし無理かな?と思ってたら、食堂に到着すると起きて食べれそうだったので口からご飯。
それが先生たちもびっくりで、7.8割食べれたらしい。残りは注入。

夕食は薄味な味付けだったらしいけど、翌日の昼食は事前に選んで「生姜焼き定食」

やはり肉好き。
よくお口も動いて、もりもり食べれたようでした。

1日目は夕方にお風呂に入って、夕食後休憩して、花火大会!!
転勤になった元担任の先生も行って下さってて、母的にも(きっと先生方も)心強かった!
一緒に花火した!って書いてました♪

看護師さんにも話しを聞いたら、夕方のぐずりや嘔気もなく、吸引も少なかったと。
夜は起きてたみたいですけど、って(^_^;)

病気やリハ入院以外での、初の単独旅行?

辛いことも、痛いこともなく、お友だちや先生たちも一緒でももも楽しかったのかな?
本当に学校、担任の先生、元担任の先生、そして看護師の皆さま。
多くの方に感謝です☆

また来年も元気に行けますように( ̄人 ̄)

しおりには、学校の連絡帳以上に、排尿や睡眠、バイタルや医ケアのことは勿論、日中や夜間や、リクエーションの様子など細かくきちんと書いて下さってて一緒に行ってないのにすごくよく分かったので、楽しく読ませてもらいました。
ももの目標!!

じょしかい たのしむ

目標達成/(*=゚▽゚ノノ゙☆パチパチ」
帰ってきてから「楽しかった?」って聞くと、お口を大きく開けて「はーい」と(´∀`*)ウフ
お家だけど、疲れてというか寝不足で寝たけど、夕方ぐずることもなく(笑)

まあ夜は安定の23時半前。
何度か起きてもぞもぞしてたけどボチボチ寝れたかな?

ほんまに、ねむないの?って何回言うか(笑)
母はいつでも眠いぞ!なんぼでも寝れる!!

さて、次のお楽しみは~(@・Д・@)??

ケアチャネルより一言

周りの先生方の心強いサポートもあって、ママさんの心配もよそに女子会を楽しんだり(^^)
ご飯ももりもり食べて、充実の一泊二日だったようです☆

ももたんと気ままにGO♪

※記事内で紹介している方法等は、あくまで体験者の実践している方法であり、当社において安全性や症状の改善・効果等を何ら保証するものではありません。お客様ご自身においてご確認の上、対象者の症状、性質、身体状況などを踏まえ、お客様の自己判断で実践してください。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント