福祉展に行って来ました☆バギーや福祉車両や遊び道具も(人工呼吸器)

対象者

性別
年齢 3歳
診断・症状 気管切開 呼吸器装着 経鼻経管栄養

実践者

保護者(母) パシフィコ横浜で開催されたヨコハマ・ヒューマン&テクノランド(ヨッテク)という福祉展へ行ってきました。

ハウツー

じゅんじゅんがお世話になっているリハビリセンターさんがやってるイベントなので、保育士~リハビリ職~スタッフさんがかなり集結しています。

じゅんじゅんを知ってる方から今後につながるアドバイスを聞いたりできそうだ… と期待しつつ
くそ暑い中、歩いて(30分かかる)向かった私達…
マズイ…
まだ10時なのに暑すぎる…ヤバい…と思い始めたら、

UDタクシー(ユニバーサルデザインタクシー)が
空車で前方からやってきた(驚)

奇跡すぎる!

迷う間もなく呼び止め、快適にすばやくパシフィコ横浜へ行けましたよー
なお、帰りも予約できたのでスムーズでした
キッズフェスタとは違い、大人も対象なので老若男女、たくさんいらっしゃいましたよー
バギーについて検討しはじめていたので、まずはミニセミナーヘ

ティルトとリクライニングの違いから始まり…勉強になりました(^^)
しかし呼吸器っ子のじゅんじゅん。選択肢が限られます…
おまけに持続注入ポンプ問題を解決できそうなバギーがないよー(>_<)

ルックス重視のママはどうしても外国製に目が行く(^_^;)
姿勢の取り方、体に適した材質かどうか、等…総合的に考え直そう・・・

収穫は、いつもお世話になっているPTの先生からバギーを前にして特色を聞けたこと。
さらに、義肢装具士の方からは専門的な話を聞けたこと。

素朴な疑問として感じたのは…
みなとみらいのあるじゅんじゅん地方の呼吸器っ子は就学が訪問学級のみらしい。 ってことは使用頻度が少ない?バギーの使い方も変わるのかな?
そして、こんなにおっきいやつ、皆さん毎日たたむのかな…

どちらにしても買うことになりそうですが、その時は家の収納スペースも考えなきゃ(>_<)
また、場内には福祉車両もあったので、見るだけ見て見ました。
パパはシエンタがお気に入りのようでした(^^)
駐車場代が毎月20,000円以上する。
家の前では毎月必ず事故が起きる。
そんな環境で二の足を踏んでます…

リハビリやリフォームなどのブースがある中、沖縄へのお誘いブースもありました♡
ずいぶん行ってないからかなり変わったろうけど、竹富島の遠浅なコンドイビーチをいつかじゅんじゅんと寝転がりたいなぁ(^^)

JALブースにも行って、飛行機に乗るなら…をいろいろ聞いてきました。
診断書等、手続きがかなり多そうだからこちらの力が折れるかもしれませんが…
スタッフの方は「事前にご相談頂きながらになりますが、できるだけお手伝いします」
と、とても親切でした♡

むしろ、気圧や乾燥など飛行機に乗るじゅんじゅんの体への影響のほうが大変かもしれない…
持続注入はさらに問題だ… 写真4枚目
遊びのエリアでは使っていたライトを借りました。
バギーの中だけディスコに☆
ホームスターもほしいけど、これもありかも。
きょうだい児の方たちも結構楽しく遊んでいたみたいです。
ブロ友さんともばったり!!
小学生になり、すっかりさわやかな少年になってました☆
なかなかじゅんじゅんの体調が落ち着かないので気切っ子の会も行かれなくて会えないのですが、会えて嬉しかったなぁ

アンケートやスタンプラリーで、パパママ共にたくさんプレゼントをいただきました☆
しばらくシャンプー&リンスには困らなそうです(^^)

来年はもっと計画的に見て回ろう…

ケアチャネルより一言

こうした展示会ではいろいろな発見がありますよね(^^)
いますぐ必要でないものも、ゆくゆく役立つかもしれないので参考にしながら見て回れそうです☆

skyskyskyのブログ

※記事内で紹介している方法等は、あくまで体験者の実践している方法であり、当社において安全性や症状の改善・効果等を何ら保証するものではありません。お客様ご自身においてご確認の上、対象者の症状、性質、身体状況などを踏まえ、お客様の自己判断で実践してください。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント