はじめてのボーリング☆郊外学習でアミューズメントへ(ウエスト症候群)

対象者

性別
年齢 10歳
診断・症状 ウエスト症候群 

実践者

保護者(母) 久しぶりの「はじめて」シーリーズ((*´∀`))

木曜日、学校の行事の1つ、校外学習がありました。

今年の行き先は、ラウンドワン!!

行きは、スクールバス2台でラウンドワンまで。

帰りは、最寄の駅(10分ちょい)まで歩いて行って、モノレールに乗る学習。
下車後は、お迎えに来てくれてるスクールバスで学校まで戻る。

ハウツー

お弁当持参ってことで、早起きして頑張った!!けど・・・・・

いつもご飯は、真っ白なおかゆや色つきごはんだったので、今回は張り切ってキャラ弁みたいなんしてみよー♪っとね。

試作↑

よく見るのは海苔とかだけど、ももは食べれないので「ごはんですよ」をシリンジで。
これは普通のご飯でやったんだけど、これがそもそもの間違いだった(-_-;)
当日のお弁当↑

おかゆ、温めすぎてさらに柔らかくなって、沈んで「何これ?」状態(lll-ω-)ズーン

ちなみにおかずは・・

・ハンバーグシチュー人参添え(なんか、イタリアンなネーミングww)
・チキンとマカロニのクリームグラタン
・かぼちゃ
前日までしっかり起きて登校できてたのに、やはりイベント弱し娘(^_^;)

なんか5時半には起きてて、朝の体操(ボイタ)でうつぶせしてたら・・

爆睡Zzz・・o(__*)。。oO

いつもなら5分もせずにキツイ発作きて起きるのに、こんな時に限ってこない。

出る準備しな間に合わへんので、強制終了!!

でも、行きのバスの中でまったり出来たように、校外学習はしっかり起きてて、にこやかに過ごせたようですヾ(*・ω・)ノ ♪
ボーリングの前のクイズでは、残念ながら不正解(´・ω・`)ショボーン

問題は・・・
ボウリングのレーンの両サイドにある溝に落ちることをなんていうか?

1:ガーター
2:ガター

正解は、2のガター!!
英語で書くとガターなんですってね。
でも私もそうだけど、ほとんどの人はガーターって言ってるよね(^_^;)

その後、プロの人の見事なストライクを見たりした後、みんなで遊戯。

ポンと右手でおして「えぃっ!」
ストラインクは難しいなぁ~と先生とお話してたようです( ´艸`)ムププ

お弁当、海苔混ぜおかゆも全部食べてくれたようで、よかった(^_^;)

お天気もよくて、モノレールの駅までもみんなでおしゃべりしながらバギーでテクテク。
押す先生方は大変だったろうけど、ももや子どもたちは楽しそうだったようです。

モノレールは2回目!
ももが1歳の時にリハ入院してたM病院から、友だちが最寄の駅まで乗っけてくれてモノレールで外泊で帰宅した時以来。

赤ちゃんだったし、その時は抱っこだったけどね。
なんか、懐かしい~

普段は電車なんて乗ること皆無だから、とても貴重な経験をさせてもらえました☆
帰ってきたももたん。
帰りのバスでもうとうとしてたようで、お部屋はいってゴロンとした途端に・・・

爆睡です(uωu*)。o○ZZzzZZzz
しかも、夜もかなり寝てて起してお風呂へ。

翌日も全然起きずで学校送って行ったけれど、よっぽど疲れたんでしょうね。
今日はしっかり寝れたから?朝からにこにこさん♪
ちょっとまだ唾液多め。

昨日は遊び足らんかったかな?
やっぱり、母の上でのゴロンが1番楽しいみたいですww

これからの時期、あったかいからこうやってくっついてテレビみたりするけど、服きたら20kgあるからね。
短時間でお願いします( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ

ケアチャネルより一言

校外学習でアミューズメント施設、とても楽しそう☆
初めてだったり久しぶりだったり、普段とは違った体験をたくさんできて、充実した一日だったようですね!ももたんの寝顔が物語っています(^^)

ももたんと気ままにGO♪

※記事内で紹介している方法等は、あくまで体験者の対象者に合わせた実践例であり、全ての対象者の症状・状況に適しているものではなく、当社において安全性・効果・不具合の不発生等を何ら保証するものではありません。また、全ての施設において、記事内で紹介されている設備・サービスが実施されていることを当社において保証するものではありません。各施設等における対応・施設・サービス等は、お客様ご自身においてご確認の上、対象者の症状、性質

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント