ハロウィン☆息子の仮装や手形アート(低酸素脳症)

対象者

性別
年齢 1歳
診断・症状 低酸素脳症
気管切開 呼吸器装着 経鼻経管栄養

実践者

保護者(母) こまさ、まだまだ体調不良が続いています。
栄養状態が悪いという事で栄養を変えたものの、今度はおしっこから栄養が流れてしまうそうです。栄養はおしっこから出てしまうのに加えて水分が血液から細胞に流れ出てしまい、むくんで体重ばかり増えてしまうという状態。ステロイドを補充して様子見となりました。
目に見えて苦しそうな状態ではなくなったもののまだまだ心配です。。。

さて、今日はハロウィン

かつては「ハロウィンなんてバカみたい」というスタンスで、誰がやるもんかと思っていたけど、、、。やってしまうのです。。。
そういうものなのか、親ってのは。

ハウツー

とはいえ、こまさのサイズに合うハロウィンの服は限られてくるのです。
前開きでサイズが90以上のハロウィン服はなかなかない。

私は裁縫ができないので既製品を探すしかなく、
色々見て回って結局西松屋で見つけたおばけ風カバーオールに。

値段も安いし同じ商品が大量に陳列されていたので妥協したかたちでしたが、

やーん、かわいい(親バカ)

こうして子供たちはハロウィンの仮装をさせられるのだな。

靴下はバースディで買った親子靴下。こまさは足が開いているので左右あえて逆に履いて猫を見えるように(リボンが当たらないように)しています。
私とお揃いなのです。うれしい。

手袋はたまたまDAISOで買ったハロウィンぽい色合いのもの。
ハロウィン手形アートなんてのもネットに踊らされてやってみましたよ。
そんでもって今日の私、こまさとお揃いの靴下履いて、髪の毛にはseriaで買ったハンドメイド用髪ゴム(UVレジンで自分で作ったので超絶ダサい)をつけておりました。

これで仕事行っちゃったんだから完全にイカれるわー。(若けりゃ許されるだろうけど、私の年齢でやったら完全にヤバい。誰もそれについて触れてこなかった、触れられなかったと思われる)

いやー。ハロウィンマジック
こまさマジック
恐るまじ!!!(と言い訳してみる)
去年作ったかぼちゃ帽子も被ってみたぞ。
去年はすこし余裕があったけど、今年はピッタリの様子。成長だなー。

経管チューブ固定テープはもちろんハロウィン仕様になってます。


早く体調がよくなりますように。

ケアチャネルより一言

まるでこまさくんのためにあるような衣装☆
ぴったりですね!かわいいです(^^)

重症新生児仮死で生まれたこまさの記録

※記事内で紹介しているリメイク等は、あくまで体験者の対象者に合わせた実践例であり、全ての対象者の症状・状況に適しているものではなく、当社において安全性等において何ら保証するものではありません。対象者の症状、性質、身体状況などを踏まえ、実践者の自己判断で実践してください。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント