クリスマス飾り☆フェルトで自作、収納も簡単(滑脳症)

対象者

性別
年齢 2歳
診断・症状 滑脳症
気管切開 経鼻経管栄養 呼吸器装着

実践者

保護者(母) たーさんが生まれる前は、

クリスマス?

別にキリスト教徒でもないし何すんの?

その時期は仕事がものすごい忙しいんよ(`⌒´)

って感じで…


生まれてからは、

クリスマス?

なんかやるやるー(˃∇˂)

クリスマス会?

行く行くー(˃∇˂)

っていう変わりよう…♪(*´ε`*)


とは言っても、家でツリー買うとか、クリスマスパティー?するとかではなくって、クリスマスっぽい飾りを少し置くだけ…


その飾りだけど、2年前に紙で作った小さなクリスマスツリーはある。ただ、少しボロくなってきたので、新しくしようと思って。

ハウツー

買ってもいいけど、時間の余裕もあるし、フェルトもたくさんあるので、作る事にした。
↑イメージ
↑完成

イメージよりも長細くなってしまった。

長細くなったのは、中に小さいペットボトルを入れたから。
↑ヨーグルト飲料のボトルに、重しの豆が入っている。

トイレットペーパーの芯とか、ラップの芯でもいいけど、振ったら音がするようにしたかったので、このボトルにした。

豆は、いつもたーさんが遊んでる豆を拝借。
↑ツリーぐるっと一周。

一部は縫って、他はボンドで接着。

チマチマとオーナメントを作るのはとても楽しかった。


途中、赤いフェルトが無くなって買いに行っただけで、残りは家にあるものを寄せて集めて。

時期が終われば、ボトルは捨てたらいいし、フェルトは平たくしてしまえばいいし、豆はたーさんに返せばいいし…

作った物は、モニターの上か、たーさんのベッド周りに置いている。

これで少しはクリスマスっぽくなったかな

ケアチャネルより一言

かわいいですね〜買うより作ってしまえるくらいの器用さ、羨ましいです☆
この週末はクリスマス。みなさん準備は済ましましたでしょうか(^^)

のんびりいこまい❀日本初の遺伝子変異で滑脳症の息子

※記事内で紹介している作製方法・作製物等は、あくまで実践者の対象者に合わせた実践例であり、全ての対象者の症状・状況に適しているものではなく、お客様が作製された物を含め、当社において安全性等において何ら保証するものではありません。実践される場合には、利用する製品の強度・使用方法等をお客様ご自身でご確認の上、対象者の症状、性質、身体状況などを踏まえ、お客様の自己判断で実践してください。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント