クリスマス会☆サンタの格好で初参加(滑脳症)

対象者

性別
年齢 2歳
診断・症状 滑脳症
気管切開 経鼻経管栄養 呼吸器装着 

実践者

保護者(母) メリークリスマス

ハウツー

メリークリスマス
↑サンたーさん。

この格好で訪問看護のクリスマス会に行ってきた。8月まで利用していた所は、そういう行事は一切なかったから、行事参加は初めて。


クリスマス会には、訪問看護・リハの利用者さんだけでなく、同じ建物内のサ高住の方や保育所の子など予想以上にたくさんの人がいた。


みんなでハンドベル聞いて歌ったり、じゃんけん大会したり。なかなか面白かった('ᴗ')


利用者の方がリハビリで描いた絵とかの展示もあって、なぜか私の作ったグッズ達(画面遮光、にぎにぎ etc...)の展示スペースもあった。他の方の素敵なのと比べるとお粗末で恥ずかしかった…
↑サンタさん(の格好をした職員の方)にプレゼントを貰った。栞とバスボム。リハの先生や看護師さんがつくったんだって。

バスボムはラベンダーの匂いがするので、いつも通りたーさんのベッドの上に(*^◡^*)

飴はたーさんに舐めさせてあげてって、看護師さんにもらった。舐められるかな〜。

そんな中たーさんは、会の途中から室内の暖房に耐えられず。顔を真っ赤にして心拍上げて、まさかのクーリング…

少し早めにおいとまして、サンタ服を脱いで歩いて帰ったら、落ち着いたから、暑かったのね。


冬だからって油断した、ごめんよ…


この1週間、通常のリハに加え、予定を詰め詰めにしてしまって、たーさんも疲れたはず。


来月の病院の日まで、訪問以外の予定はないので、しばらくお家でのんびりやな。すきあらば、晴れて寒くない日に散歩な(* ̄∇ ̄*)

ケアチャネルより一言

たーさんサンタ可愛い(*^-^*)
たーさんはサンタさんから何をもらったのかな?
この時期はイベントも盛りだくさん、ついつい詰め込んでしまいますね☆

のんびりいこまい❀日本初の遺伝子変異で滑脳症の息子

※記事内で紹介している方法等は、あくまで体験者の対象者に合わせた実践例であり、全ての対象者の症状・状況に適しているものではなく、当社において安全性・効果・不具合の不発生等を何ら保証するものではありません。また、全ての施設において、記事内で紹介されている設備・サービスが実施されていることを当社において保証するものではありません。各施設等における対応・施設・サービス等は、お客様ご自身においてご確認の上、対象者の症状、性質、身体状況等を踏まえた上で、お客様ご自身の責任においてご利用ください。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント