感動の発表会☆兄弟やお友達と一緒のステージ(ウエスト症候群)

対象者

性別
年齢 5歳
診断・症状 ウエスト症候群
経鼻エアウェイ 胃瘻

実践者

保護者(母) ママも仕事の山場を越え、そしてあんちゃんこっちゃんも一年間の保育園生活の集大成、発表会を無事終えました!

こっちゃんも怪しい咳してたり、あんちゃんなんてなんか鼻たれますーみたいな危うい体調の時もあったし、ずっと入院してないからそろそろ来るんじゃないかという根拠のない不安に苛まれましたが(笑)

発表会前日には今まで見たことないくらいSPO2が99%とかで寝てたりして、あんちゃんも楽しみにしてるんやーん!と思ったりして(笑)

本番調子合わせてくるあんちゃん、素晴らしいわ!

ハウツー

本番調子合わせてくるあんちゃん、素晴らしいわ!

みんなの中でいい顔してるあんちゃん。

それ見ただけで涙腺崩壊です。
いや、我が子が出てなくても一生懸命やってる子どもたちを見るだけで泣ける(T_T)
年々ますます泣ける(笑)年取ったー
みんなとお歌歌って。

和太鼓もたくさんの役割を与えてもらって。

あんちゃんのシャララランーで和太鼓が始まります。

その他に鈴もして、太鼓もして。
みにくいアヒルの子のオペレッタでは、先生と一緒にナレーター。

でもずっとナレーターじゃなくて、ちゃんとみんなの輪に入れてくれて。


あんちゃんなりに参加できる方法を本当に一生懸命考えてくださったんだなって伝わってくるあたたかい配慮がたくさんでした。

抱っこして何かをするって、いくら体重軽いとはいえもう大変な体格になってきてるし、申し訳ない思いでいっぱいですが…

抱っこしながら、バギーの横にいながら、いつもあんちゃんの表情を優しく覗き込んだりお歌のリズムに合わせてトントンとあんちゃんを優しくタッチしてくださっている様子を見ているだけで胸がいっぱいになります。

また1つ、一生の思い出ができました。
そして、もう一つの見どころ、こっちゃん(笑)
恥ずかしがりやの頑固なこっちゃん。
練習の時から「こっちゃんせんせいのとこいくもーん!」とやらない気満々やったので(笑)

案の定、オープニングも一番初めのお歌も直立不動…^ ^;

なんなら泣きそうになってたし。

でも、その後の待機中に先生が上手く盛り上げてくださったのでしょう。

次のオペレッタには、走りながら出てきて、ちゃんと歌ったり踊ったりしてるー!!


三びきのこぶた。一生懸命やってました!

これにはみんな驚きでした(笑)

ま、途中仲良しの女の子と抱き合ってみたり♪(´ε` )
隣の子にちょっかい出してみたり、てをつながないといけないところを嫌がってみたり。
挙げ句の果てにケンカになってみたり…(笑)

自由な感じでした(^ ^;)
最後は大好きな「パプリカ」の曲に合わせてダンス!

みんなまぁ可愛かったわー♪(´ε` )

ずっと家では踊ってたから、ステージでもやりきれてよかったよかった!

お歌でできなかった自分がきっと悔しかったはず。
そこを乗り越えて、あとは楽しく普段通りできて、こっちゃん一皮むけたんちゃうかー!?
最後はやりきった顔して歌っていました。

あんちゃんとこっちゃんが同じステージに立てました。

嬉しかったなー。
去年初めて三人一緒にステージに立てた時よりも、二人とも成長してて。

今年は観客側で参加のはっくん。
兄弟を見にきているお友達に久しぶりに再会できて、楽しそうに外で遊んでいました(^ ^;)

ま、それも下に兄弟いるからこその楽しみやけども。
遊び足りなくて、お昼から懐かしの仲良し4人組が遊びに来てくれました。

みんなすっかり小学生♪(´ε` )
あんちゃんは終わって迎えに行った時から先生の腕の中でぐっすり。
午前中いつも寝るのに寝ずに頑張ったそうです!
ご褒美に先生からのメッセージとジュースをもらいました。


終わってからも、何回もビデオを見返して。
いい一日でした。

一年で一番大切なイベント。
終わってしもたー。

発表会が終わると今年度も終わり。
いよいよ、あんちゃん年長さんやなぁ!という感じです。

ケアチャネルより一言

これはどんな状況のお子さんでも感動ですよね(^^)
みんなと一緒のステージだとなおさら。素敵なイベント、来年も楽しみですね☆

あんちゃんのペース☆

※記事内で紹介している方法等は、あくまで体験者の対象者に合わせた実践例であり、全ての対象者の症状・状況に適しているものではなく、当社において安全性・効果・不具合の不発生等を何ら保証するものではありません。また、全ての施設において、記事内で紹介されている設備・サービスが実施されていることを当社において保証するものではありません。各施設等における対応・施設・サービス等は、お客様ご自身においてご確認の上、対象者の症状、性質、身体状況等を踏まえた上で、お客様ご自身の責任においてご利用ください。

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント