運動会☆小規模でも優しく素敵な運動会(気管切開)

対象者

性別
年齢 12歳
診断・症状 気管切開
気管狭窄

実践者

保護者(母) お久しぶりです♪♪

中学から
病弱の支援学校へ入学し
どーにか楽しく通えております(◕ᴗ◕)い

少しずつ慣れてきて
竜も
よここも
良いも悪いも
思う所が出ては来ておりますが

それほど大きな問題もなく
過ごせており
学校生活の事は
また追々
ですね('ᴗ˂)

ハウツー

さて運動会でした。
さすが病弱支援学校。
運動場自体ないので
体育館で開催です。

うふふ
よここ
日焼けも気にせず快適快適~(* ̄∇ ̄*)v

午前中+お弁当

プログラムは
個人競技と借り物競争で
自分のやりたい事や
得意な事を披露してくれました☆☆

竜は
「フライングディスク」

登場曲をお願い出来たので(てか先生から催促されたのですが)
好きなエイサー曲をお願いして・・・

怪しいなぁ~とは思ってました。

やはり
登場で曲が鳴り出したら
自然と勝手に踊りだした(^^;;

しかも
会場の皆さんに
手拍子の催促までしだした〰️(^◇^;)

おーい
そんなテクニック
どこで学んだんだよ〰️恥ずかしい(*≧ε≦*);;

会場全体で手拍子して下さり

マイクの先生も
「これは打ち合わせにない手拍子催促!
いつもよりテンションが上がっております!!」と
盛り上げて下さって

9枚中
7枚も当ててました(˃∇˂)(˃∇˂)(˃∇˂)
借り物競争では
手前で簡単な仮装をするのですが

それも
よここの予想通り
長〰️い黒髪かつらで
「貞子」になりきってました(*≧ε≦*)
(パーマ貞子ですがね(˃∇˂))
なぜか今、貞子がマイブームなんですぅ(^_^;)


ゴール後
そのまま一人
保護者席にまで来て
よここに貞子の物まねをしに
走って来ました。

さっきのフライングディスクの事も
貞子の事もあるので
他人のふりで見てたのに

恥ずかしいから
こっちに来るなよ〰️な心境でした(*≧ε≦*);;;

「竜くん
おもしろかったよ~
何かやると思ってた!」と
いろんな方々に言われました。

はい
もう既に
面白い親子だと
皆さんに認識されているようです(*´∇`*)
(やっぱり隠せないね、地は(^_^;)。
全く〰️いったい誰に似たのかしら(* ゚ロ ゚*))

平日の運動会だったので
残念ながらパパはお仕事。
ジジババは体調不良で
竜とよここのみ。

よここ「お弁当は各自のお弁当箱でいいよね?」

竜「ダメ×運動会のお弁当は、取り皿でしょ!!」と。
二人分、作りすぎました(^^;;
リクエストは
ピーマン好きなので「ピーマンの肉詰め」。
んでもって小3の運動会から
「アメリカンドッグ」がなぜか必須に。
(写真撮る前に食べるなよ〰️)


ちなみに
病弱学校なので
食事制限のお子さんもいらっしゃるので、
お菓子とジュースは禁止でした。

弁当作りで
早起きしてるし

県内いろんな遠くから集まっている学校なのでね
運動会後に
保護者懇談会もあり
よここの方が
クタクタでした(帰宅してすぐソファーで3時間も爆睡してしまったzzz)。


初めての支援学校での運動会
どんなかな~と思ってましたが

小規模ながら
それぞれの生徒さんたちの
健康状態や特性、
ペースなどをしっかり考えてある
優しく素敵な運動会でした♡♡♡
んで
次の日は
卒業した地域の小学校の運動会にも
お邪魔しに行きました。

お世話になった主要な先生方は
ほとんど
竜の卒業と同時に転任されたのですが、
支援クラスの後輩ご家族や、
まだ残っていらっしゃる先生方から歓迎され、懐かしい1日でした~(*‾◡‾*)ஐ


一人一枚
運動会の個人看板を作成。
↑大好きな熊本市のゆるキャラ「ひごまる」を書きたかったけど、目から書いたら・・・
大きい過ぎて、目だけ!?になったそうです(˃∇˂)。
めっちゃうけた。゚(゚^∇^゚)゚。
そして
目立ってました。゚(゚^∇^゚)゚b。

ケアチャネルより一言

中学校、初めての運動会(^^)
室内での開催、お子さんにとっても負担が少なく、とっても楽しそう!
これからの中学校生活も楽しみですね☆

竜&よここ☆気管・喉頭狭窄ばってん元気ばい

※記事内で紹介している対応・サービスは、あくまで体験者の対象者に合わせた実践例であり、全ての対象者の症状・状況に適しているものではなく、当社において情報等の正確性、完全性、確実性、有用性を有すること等について、何ら保証するものではありません。記事内で紹介している対応・サービス等は、お客様ご自身においてご確認の上、対象者の症状、性質、身体状況等を踏まえた上で、お客様ご自身の責任においてご利用ください。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント