医ケアでも好きな事に挑戦したい!☆将来のために今学ぶこと(気管切開)

対象者

性別
年齢 13歳
診断・症状 気管切開
気管狭窄

実践者

保護者(母) 大好きな
大好きな
獅子舞

昨年は
本番10日前に初めて
練習見学から、そのまま入会
そして祭り本番は
旗持ちとして
急遽参加させて頂きました

ハウツー

熊本市
「新町獅子舞保存会」

9/16の
藤崎宮秋の例大祭に向けて

8月20日から
いよいよ
練習始動しました

日曜以外毎日、夜練習です
(新町住民ではないのでね、練習場所まで、帰宅ラッシュの中片道40分を毎夜。しかも2学期始まったら、支援学校へも片道40分が追加。マジかよぉーな、よここ)。

気管切開しているし
軽度足マヒもある。
軽度聴覚過敏だし
軽度知的障がいや自閉傾向の
超~ミックス障がいっ子。

練習といっても
集団指示が入りにくいし
息が上がるし、
たびたび吸引で休憩せねば、だし。

障がい当事者家族としては
やはり
迷惑かけるんじゃないか
と考えてしまいます

本格的な参加はどうだろうか
と、とても悩みましたが

また旗持ちでもいいので
獅子舞の近くにいたい!との
竜の想いから
思いきって
正式メンバーとして
入れて頂きました。


やはり
ここは健常者の皆様の集まり。
支援学校の様に、ゆるくはありません

理解力のゆるい竜
そんな特性のある障がい者に対する

教え方、
伝え方、
言葉選び、
声の大きさ、など
までは
とても要求は出来ないので
(病気の事や、ゆっくりめでお願いします、と少しは伝えてますが)
大人の初心者お二人と一緒に
大人な言葉がけと
ハードなペースの元
必死に付いて行きます。
ガツガツ言われると
叱られている様に感じるのか
泣きそうな竜。(先生的には、とても熱心に丁寧に、付きっきりで教えて下さっている)
声が大きくて固まり
指示が入らない竜。(成功して誉められる声も大きくて怖いのです)

よここ
竜の表情で
これらが怪しいのはわかりましたが
ここは、・・・

竜よ
これが一般社会なのだ。
ぬくぬくと守ってもらい
なんでも
竜のペースメインで進むとは限らないのよ。

大人になって
就労したり
自由に出歩いたり
いろんな所に行くと
苦手な事はたくさんある。

その中でどう対応するのか
(耐えるのか!逃げるのか!どう自分を守るのか!お願いするのか!どうしたいのか!)

今、学ぼう。

・・・と

よここ
あえて心を鬼にして
サポートを入れない様に努めました(こっちが辛いっすよ)。

こんな環境なのでね
よここも
常に一緒にいて
聞いて覚えて
必死に通訳!?を頑張って

それをまた
家での自主トレでも頑張って

いやはや
もはや
よここも舞えるんじゃ!!位ですよ。

初日から
初心者の大人お二方と
基本の練習をしていたのですが
動きに合格が出たので

今度は
「黄色獅子舞役」として
音+舞手の動きに合わせて覚える段階に入りました
去年のDVDやYouTubeを見すぎて、
全体的な動きはバッチリ覚えているのですが、
そこはやはり、竜の素人目。
細かい手技?コツ?などがたくさんあり、
難しくて苦戦中

あと、
軽度足マヒもあるので、
重い獅子舞頭を持ったまんまで
突然しゃがんだり、そこから立ち上がるのが、どーしても遅くなるし、

動きがハードな部分は
細い喉チューブでは息も辛そうです。

んー
体調が心配ですがね、

本人が「自立=自己申告」で休憩をお願いしたりする練習にもなるので
よここは
あまり口を出さない様、頑張って!?おります。

会の皆さんが
無理をしない様にねと声をかけて下さり、
温かい見守りが、本当にありがたいです。

ジュニアの仲間も
「上手くなったね~」と誉めてくれて
竜もとても嬉しそう。

獅子舞
見てるだけならば
ただ頭を振っている様に見えるけど(ごめんなさい)

いやいや
とんでもなく
とても奥が深い〰️。
面白いのです。

本当
なんでも
やってみないと、わからんものですね~。
竜のおかげで勉強になります

本番は9月16日(朝随兵のみ参加予定)。
楽しみながら
頑張ります

ケアチャネルより一言

いつの間にか、勝手に『無理』と頭の中で決めてしまっている部分ってありますよね(^^;)
そうじゃないことを竜くんを見ている学ばされます☆
本番楽しみです(^^)

竜&よここ☆気管・喉頭狭窄ばってん元気ばい

※記事内で紹介している対応・サービスは、あくまで体験者の対象者に合わせた実践例であり、全ての対象者の症状・状況に適しているものではなく、当社において情報等の正確性、完全性、確実性、有用性を有すること等について、何ら保証するものではありません。記事内で紹介している対応・サービス等は、お客様ご自身においてご確認の上、対象者の症状、性質、身体状況等を踏まえた上で、お客様ご自身の責任においてご利用ください。

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント