あっという間の1時間☆癒しと楽しみの音楽療法(ウエスト症候群)

対象者

性別
年齢 2歳
診断・症状 ウエスト症候群
経鼻経管栄養

実践者

保護者(母) 昨日はデイケアの日ではないけど療育センターへ!!
音楽療法の会に参加してきました(^^)

ハウツー

ドキドキしながら行ってみたら、参加者みんなデイケアのメンバーだった(笑)! そして皆女子!!
療育教室でも音楽療法の時間はあるけど、もっと短い時間なので今回のように1時間まるっとは初めて☆

ゆうたは音や歌が大好きなので、どんな反応するのかな~とワクワク(^^)
最初は始まりのお名前呼び。
ピアノに合わせて先生が一人一人の名前を呼んでいきます。

次はピアノの伴奏に合わせて、体をマッサージしたりくすぐったり洗う真似をしたり。
溜めの時間って大切ですよね
こちょこちょがくるぞくるぞ~~っていう溜めの時間にフライングして笑っちゃう子どもたちがかわいいったら♪

お次は色んな楽器に触れて演奏してみよ~!
ということで、鈴やカバサ、名前聞いたけど案の定忘れちゃったものがいくつか、あとツリーチャイムで遊びました。

ツリーチャイムは家でも好きで、今回は頑張って何度も手を出してた!
確実ではないけどね。
聴くだけじゃなくて、自分で触って音を出す楽しさや嬉しさをどんどん経験させたい。
ほんと辛抱強く待つ(ゆっくり手が出てくるのを)の大切だね。

それにしてもほんといい音色で…癒された(^o^)
あとはカラフルな薄い布で顔や体を覆ったり、めくったり。
最後に大きな布を親と先生とで持ち、海は広いな~大きいな~と歌いながら子どもたちの上でゆっくり上下に動かしました。

ゆうたはかなりきょろきょろしてた(笑)。
すぐ目の前に来たと思ったら、バッと遠くへ行っちゃうからね…不思議だったのかな?

こうしてあっという間に1時間が終了。
だいたい月1ペースで今年度いっぱいあるので、早速また予約してきた(^o^)
音楽繋がりで…
先日おそろしく久しぶりにカラオケへ!!!
出産後初ですけど(^^)

ゆうたは初めてのカラオケボックス。
大きい音どうかなって思って様子見ながら歌ってみたけど、特に変な様子もなく。
むしろ音を良く聴いてる感じが…!(^^)!
家ではすぐ、遊んでーとか抱っこしろーとか主張が激しいゆうたさんですが、ずっと音がしているからか終始そっちに気が向いているからか、いつもの主張がなく穏やか(笑)。

まぁ初めてのことだしね、ゆうたも様子見てたのかな☆
ミオクローヌス(先生曰わく)も出なくなってたから良かったけど、出てた時じゃこんな大きい音は無理だったかも(^^;)

そんなわけで、親子3人カラオケを楽しみました♪
キッズルーム万歳!

ケアチャネルより一言

音楽療法とカラオケ療法(笑)
音を聴いたり、自分で触って音を出したり・・
音楽の専門的な療育も楽しそうですが、家族揃ってのカラオケも楽しそうです(^^)

ろみおの日日告白~低酸素性虚血性脳症・症侯性点頭てんかんの息子と旦那とのドタバタな毎日~

※記事内で紹介している方法等は、あくまで体験者の実践している方法であり、当社において安全性や症状の改善・効果等を何ら保証するものではありません。お客様ご自身においてご確認の上、対象者の症状、性質、身体状況などを踏まえ、お客様の自己判断で実践してください。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント