• トップ>
  • ライフスタイル>
  • 写真つきでわかりやすくみんなで共有☆出産に向けて息子のトリセツ(ウエスト症候群)

写真つきでわかりやすくみんなで共有☆出産に向けて息子のトリセツ(ウエスト症候群)

対象者

性別
年齢 2歳
診断・症状 ウエスト症候群
気管切開 胃瘻

実践者

保護者(母) 予定日まであと1ヶ月になりました。
今までりっくんの薬から物品、全ての管理は私で。
もし私に何かあった時、産気づいた時、
私がいなくなった時なにもわからない状態になるのは怖いので
りっくんのトリセツを作りました。

ハウツー

今までの病歴や緊急連絡先、飲んでいる薬の種類、利用施設の電話番号など。
栄養と薬を間違えないよう1日の栄養と薬のスケジュール。
私がお産したとき入院中は
日中母子分離の療育に行ってもらうので、パパや義両親に分かるように持たせてもらう準備もまとめました。
ショートステイは緊急時に使用する予定です。
入院中りっくんは、パパと義両親に見てもらい、退院したら赤ちゃんとりっくんと里帰りする予定です!
なので退院したら二児の育児!
大変だけどショートステイには基本預けません^ ^←色々と理由があり

その分12月、1月は訪問看護、リハビリを週に各2回
看護は入浴メイン
母子分離の児童発達支援を週2回から3回利用する形になってます。

出産ということで配慮していただき、実家に来てもらう形で児童発達支援も無理を言ってありがたいことに送迎もしていただけることになりました。
ショートステイは利用しないもののいろんな助けをいただける^ ^
非常にありがたい!

みんなが体調を崩した時のみショートステイを緊急で利用する予定です。
誰が見ても分かるようにいろいろと写真付きにしました!
他にも体調崩した時の入院時の持ち物
通院時の持ち物等つくってます。
これをファイルに入れて3セット。
実両親用、義両親用につくり

もう1つは自宅においてパパ用にします(*´꒳`*)

ケアチャネルより一言

こうしたマニュアルは預けるほうもお預かりするほうも安心できますね(^^)
いろいろなサービスもあるのでうまく使って、写真つきマニュアルも大活躍間違いなしです☆

りっくんの闘病記録

※記事内で紹介している方法等は、あくまで体験者の実践している方法であり、当社において安全性や症状の改善・効果等を何ら保証するものではありません。お客様ご自身においてご確認の上、対象者の症状、性質、身体状況などを踏まえ、お客様の自己判断で実践してください。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント