一緒にお買い物へ☆母と娘の距離感を考えていく(ウエスト症候群)

ライフスタイル

対象者

性別
年齢 17歳
診断・症状 低酸素脳症 点頭てんかん 脳性麻痺 胃瘻

実践者

保護者(母) 我が家はいつもと変わりのないお正月を迎えました。
いとこ達の家族が来てくれたり、カナと買い物にでかけたり。

ハウツー

ちょうどお正月は暖かい日が続いたので、車椅子のまま外へでて買い物に行ってみました。
店内をウロウロしながら、なにか良いカナグッズないかなぁ〜と探しました。
探した結果これを購入(╹◡╹)♡
リバーシブル ルームソックス♪
結構厚手で、足先が冷たくなりやすいカナにはちょうど良い感じ。
グレーをお勧めしたけど、カナはこちらのソックスを見て笑う。
グレーは無視。
グリーンを見て笑う。
これを二回繰り返して、こちらに決定しました(๑・̑◡・̑๑)
買い物後、この笑顔(*´ー`*)
満足、満足。
私も満足。
買い物も満喫して帰宅しました。

さあて、今年はどんな年になるかなぁ、と考えました。

今年の私の課題は、「カナとの距離感について見つめ直す」です。

日々、幼い頃のまま接してしまっている私。
赤ちゃん扱いをしてしまうこともあれば、急に思春期の女子高生扱いしてみたり(@_@)

四月からはもう高校三年生。
卒業したら、大人として生活介護に通うわけですがその準備をカナだけでなく親としてもしないといけないなぁ、と。

先日、ブログを通して友達になってくれた女性がそのことを教えてくれました。 彼女はカナと障害の種類は違うけれど、カナの気持ちが一番よくわかるカナ側にいてくれる女性。

〜カナママ、カナちゃんとの距離感を大事にしてね。〜

この一言で、わたしの今年の課題が決定(`_´)ゞ

母親と娘の関係、介護者と障害児の関係って、私自身を振り返ってみても、依存しやすい環境です。
お互いに。
でも、我が家の場合は私が依存しているかな、と。

一人の女性として接する。
いつまでも赤ちゃんのように扱わない。
私がいないとダメだろう、なんて思わない。

そこも自覚しながら、この一年を過ごしたいと思います☆

ハウツー

親子はいつまでたっても親子で変わりませんが、お子さんは日々成長中なのでその距離感はちょっとずつ変わるものかもしれませんね(^^)
それにしてもカナちゃんいい笑顔!

KAIGOO!

※記事内で紹介している方法等は、あくまで体験者の実践している方法であり、当社において安全性や症状の改善・効果等を何ら保証するものではありません。お客様ご自身においてご確認の上、対象者の症状、性質、身体状況などを踏まえ、お客様の自己判断で実践してください。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント