お兄ちゃんの11歳の誕生日☆いつも心がけたいこと(気管切開)

ライフスタイル

対象者

性別
年齢 3歳
診断・症状 気管切開

実践者

保護者(母) 週末は、息子11歳の誕生日でした!

ハウツー

息子の手で11歳(*^^*)

息子が小学2年生のときに、娘が生まれました。

娘は、生後すぐ気管切開、気切の管理や、吸引の手技を必死に覚え2ヶ月で退院しました。

退院後も赤ちゃんの頃は、直接母乳が飲めなかったので搾乳、慣れない医療ケア、頻回な吸引

余裕が全く無く息子にはずいぶんと寂しい思いをさせました。

障がいや病気をもった子供の兄弟姉妹のことを「きょうだい児」といいます。

息子は、まさに「きょうだい児」。

障がいがあってもなくても、兄妹同じように接しているつもりですが、医療ケアが必要な娘にどうしても時間をとられることが多く小学5年生の息子に我慢させてしまうこともたくさんあります。

娘の医療ケアにも慣れ、ようやく余裕が出てきたなかでなるべく心がけていることがあります。

息子が話しかけてくれたときは、

できるだけ手をとめて

顔を向けて、目を見て、

話しを聞いてあげること。

小さい頃は、「ねぇ、ママ、ママ、ママ!」

だった息子も小学5年生ともなると、ほーんとそっけないもんです(笑)

だからこそ、話しをしっかり聞いてあげるのは大切。

いつでも話していいんだよという雰囲気作りも大切。

来年は、小学校最後の年です。

ときには、家事もほどほどに息子のために向き合う時間を作る!

自然にさらりとできればいいけど、私は、不器用なので、簡単なようでなかなか意識しないとできません。

いつも心がけるようにしたいな!

と改めて思った誕生日でした。

ケアチャネルより一言

兄弟児のケアはいろいろと気にかけることも出てきます。
さみしい思いやちょっとした苦労もするかもしれませんし、もちろんママさんやご家族のフォローは必要なんですが、でも本当に優しい子に育っていく子ばかりなので、心配しすぎることもないですよね(^^)

An's 日和

※記事内で紹介している方法等は、あくまで体験者の実践している方法であり、当社において安全性や症状の改善・効果等を何ら保証するものではありません。お客様ご自身においてご確認の上、対象者の症状、性質、身体状況などを踏まえ、お客様の自己判断で実践してください。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント