就学先決定☆複数の候補を見学して(先天性横隔膜ヘルニア)

対象者

性別
年齢 6歳
診断・症状 先天性横隔膜ヘルニア
気管切開 胃瘻

実践者

保護者(母) ここ最近の息子は順調に発達が伸びている気がします('ᴗ')
言葉もまだまだ伝わらない事の方が多いですが、言葉を発する機会が増えてきて、このままだと近い将来、言葉でのコミュニケーションも夢じゃない気がします☆
昔、まだ呼吸器を付けていて、将来呼吸器離脱できるのか、歩けるようになるのか分からなくて不安に押しつぶされそうになっていた頃、息子と手をつないで一緒に散歩に行くのが夢でした
ところが呼吸器が離脱できて歩けるようになった今、自分の行きたいところにグイグイ引っ張られて本当に疲れます(*≧ε≦*)
今は外出する時はバギーに乗せておくか、できればお散歩したくないというのが本音。。。
そして今の夢は息子と色んなおしゃべりする事と、一緒に焼肉を食べに行く事
これも喋れるようになったら、ムカつく事ばっかり言うようになったり、焼肉に連れて行ったらいい肉しか食べなくなったりするのかな♪(*´ε`*)
早くそんな場面見てみたいけど。。。

それはそうと、先日、市の教育委員会の方と面談して、就学先を地域の小学校の支援クラスでお願いしてきました('ᴗ')

ハウツー

肢体不自由の支援学校、知的発達の支援学校、地域の小学校の支援クラスを各2回ずつ見学に行き、メリットデメリットを見た上で、やはり息子には地域の小学校の支援クラスが一番いいのではないかな、と思いました

これで最初からの希望が通った事になります

最初から地域の小学校の支援クラスが希望だと公言していましたが、周囲から「息子くんの将来のためにもっとよく考えた方がいい」と言われ、支援学校2校を見学して授業にも参加して、メリットデメリットをみた上、少し他の学校にも揺らいだのは事実

でも、やはり地域の小学校の支援クラスが息子の今と将来を考えた上で一番いいんじゃないかと思い選びました☆

今のお友達関係、幼稚園という集団での成長、これからのお勉強の内容、そして先生の質や介助の人数なども全て考慮した上での選択です

散々よく考えるように言ってきた市教委も「息子くんなら地域で充分やっていけると思う」との事。。。

行政の立場としてはちゃんと言っておかないといけないのかもしれないけど、そう思ってたんかい(*≧ε≦*)

息子が行く予定の小学校の支援クラスは人数が市の中でもかなり多く、教員も異動はあるとはいえ半分は支援クラスに残り、新しく異動になってきた教員とペアを組んで支援への教育もちゃんとやっているようです('ᴗ')

地域小学校の支援クラスの決定を伝えてから教えてもらった事ですが。。。

そしてここ最近の息子といえば、幼稚園で介助の先生に一人でやりたいから付いてこないでと言ってるみたいです

周りのみんなを見て、真似して一人でやるという風に意識が変わってきているみたいです♪

できない事も沢山ありますが、そういう風に気持ちが向いているのが大事かなと思います
先日、日曜参観がありましたが、今までならみんなが集まって先生の話を聞いている時は飽きて好きな場所に勝手に移動していたのに、ちゃんとみんなと一緒に先生の顔を見て話を聞く事ができていました('ᴗ')

まだまだ筋力的には介助が必要な場面もありますが、みんなとちゃんと座って話を聞けるようになった事は大きな成長だと思います☆

遊びに関しても、今までは一人で自分の好きな事をして遊んでいたのが、みんなに混じって遊ぶに変わってきているようです♪

この前、幼稚園での中期の写真販売があったのですが、その中での幼稚園生活は前期の写真に比べてお友達と一緒に笑顔で写っている写真が多くて、本当に幼稚園が楽しそうです☆

前期は一人か介助の先生と写っているのが多かったですが、写真だけでもかなり変わってきています('ᴗ')

そんな場面を見るとやはり地域で今のお友達と過ごさせてあげたいなと思います

さて、小学校も決まった事だし、これからは小学校の準備と入学に向けての打ち合わせなど、また色々と忙しくなりそうです

小学校入学当初は幼稚園の時より下校時間が早くなるみたいです(*≧ε≦*)

本人も慣れるまで大変だと思うけど。。。

ここ最近、息子は元気すぎて追いかける私がキツイ(꒪д꒪)lli|

呼吸器を付けていた方が眠れなくて大変だったはずなのにな。。。

息子の元気が↑すると、やはりどんどん年齢を重ねて体力が落ちてくる私の身体は↓

でも、まだまだ頑張らなければ!

息子と色んなおしゃべりしたり、焼肉食べに行くぞ!!

ケアチャネルより一言

不安もあるかもしれませんが、それ以上に期待と楽しみのほうが大きいと思います☆
じっくり考えて、たくさん見学もして決められたことなので、元気に頑張って欲しいですね(^^)

重度先天性横隔膜ヘルニアで生まれた息子の奇跡の成長日記

※記事内で紹介している方法等は、あくまで体験者の対象者に合わせた実践例であり、全ての対象者の症状・状況に適しているものではなく、当社において安全性・効果・不具合の不発生等を何ら保証するものではありません。また、全ての施設において、記事内で紹介されている設備・サービスが実施されていることを当社において保証するものではありません。各施設等における対応・施設・サービス等は、お客様ご自身においてご確認の上、対象者の症状、性質、身体状況等を踏まえた上で、お客様ご自身の責任においてご利用ください。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント