2人目の出産前に思う☆もうすぐ生まれてくる妹のこと(SCN8Aてんかん性脳症)

対象者

性別
年齢 3歳
診断・症状 SCN8A異常によるてんかん性脳症
胃瘻

実践者

保護者(母) 先日、ついに前駆陣痛?微弱陣痛の様なものが来てハラハラしている母です。(予定日よりはまだ少し早い)
毎日、会いたい時用に、、、撮り溜めしておいた動画に話しかけて実家の家族から変人みたいな扱いを受けております笑

おはよう(o♡ω♡o)
朝ごはん食べたかな?リハビリ頑張った?お友達と遊んだ?
ゆうのすけのほっぺにスリスリしたいよ〜(o´ε`o)♪

完全に変人です。

ハウツー

この笑顔に会いたい、、、(T∇T)

今、ドラマなどでも話題になっている出生前診断、、、。
もちろん我が家もゆうのすけの時に話がありました。
ただ我が家の場合は、母が永い事、多嚢胞性卵巣症候群という排卵しにくい体質で不妊治療四年目に突入していたので妊娠した時には

何があっても産みたい。
例え障害があっても絶対に幸せにしてみせる。
だから検査のリスクが少しでもあるのなら受けない。
どんな子でも受け入れられないのなら最初から子供は作らない。

と、その時は決めていました。

結果的には障害を持って生まれた子供ではありましたがあくまで結果。
今もその気持ちは変わりません。

でも、上の思いっていうのは本当に待ち構えている事の意味を知らないから思えた事なんだと今なら思います。
1人目だからこそわからなかった意味。
逆に1人目だから今までこれが普通とガムシャラで乗り越えられてきたところはありました。

もちろん、この話は検査を受けた方がどういう選択をしたかを責めるものでは全くありません。
親にだって人生があります。
自分を大切にする権利があると思います。

でも、産んで顔を合わせたら、、、障害有無なんてどうでもいいくらい可愛い、生まれてきてくれてありがとうって心から思っている人もいますよとお伝えしたいです(*^◡^*)

ただ2人目を迎えるかどうか(そもそも自然にはまずできない)
ゆうのすけは2歳半まで原因不明できてしまっていたのでパパとの話し合いは平行線のままでした。
私はどうしても可愛い我が子がもう1人ほしい。
パパも欲しいけどゆうのすけだけに集中してあげたほうがいい。

今後どうなっていくか分からない状況の中で沢山話し合いを重ねて出した答えは

ゆうのすけの時の最初の考えに戻ってみる。
障害有無は生んでみないとわからない。

ゆうのすけの遺伝子異常の疾患は、出生前診断では分からないし実際に妊娠中も出産直後も問題がなかったのでわかるはずもありませんでした。
(逆にこれが良かった)

結果、ありがたい事に人工授精で妹ちゃんをお迎えする事が出来ました(*‾◡‾*)

もしかしたらまたゆうのすけとは別の障害があるかもしれないし出産時に何が起きるか分からない、、、。
やっぱり母やゆうのすけの周りには健常児より障害児に関わる事がほとんどです。

きっと大丈夫だよと励ましてくれる方もいます。
でもそう思いたいけどいろいろ見たり聞いたりしたから思えないのが本音。

生まれる前から考えてもしょうがない話ではあるんですが笑
話は戻りますがお腹の張りが強くクリニックに向かった先日の夜、、、。

ゆうのすけを産んだ部屋で分娩台に乗った瞬間に色々と思い出したりして
早く妹ちゃんに会いたいという気持ちと
すごく怖くて逃げたいっていう気持ちと一気に、、、。

これはマタニティブルーってやつか!?

(;☉∀☉;)(;☉∀☉;)(;☉∀☉;)

なんて自分にツッコミを入れてしまいました笑
だからNST中にゆうのすけの写真や動画ばかりを見ていて、、、とても勇気付けられました。
俺も頑張って待ってるから母ちゃんしっかりしろよー(* ゚ロ ゚*)
って言われている気がしました( ;∇;)

いつも支えてくれてありがとう!

この日は陣痛ではあったらしいけど
子宮口がまだ十分に開いていない事と弱いから出産には繋がらなかったので一度帰宅しました。

はぁ〜、、、ハラハラな夜でした。
小さな彼氏のマスク増量頑張るよ♡

ケアチャネルより一言

確かにいろいろ考えるところはありますよね。
でもゆうのすけくんの顔を見ると勇気付けられたり(^^)
やっぱり「かわいい!」に尽きるのではないでしょうか☆

ゆうのすけのWonderful Life

※記事内で紹介している方法等は、あくまで体験者の実践している方法であり、当社において安全性や症状の改善・効果等を何ら保証するものではありません。お客様ご自身においてご確認の上、対象者の症状、性質、身体状況などを踏まえ、お客様の自己判断で実践してください。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント