年頭の想い☆動ける医療ケア児の自立(気管切開)

ライフスタイル

対象者

性別
年齢 11歳
診断・症状 気管切開 気管狭窄

実践者

保護者(母) 改めまして

明けましておめでとうございます。
今年もよろしゅ~お願いいたします(◕ᴗ◕)♡

竜、年末年始も体調良く

元旦から

ハウツー

はい
やっぱり
竜マイブーム中の獅子舞いを観に元旦朝から動いておりました('ᴗ˂)。

考えたら新年にふさわしいおめでたい趣味ですよね笑っ☆
そしてこちら吸引器バックを新しくしました!

よここ的には紺色一色で地味〜
もっと可愛いのがいいよ〜(*≧ε≦*)って感じですが

これにしたのも竜への想いがあるのです。


今年度は6年生になります。

と言うことは今年度は「中学進学の準備」を本格的に進めます。

この竜が中学ですよ〜うそみたいですが(。×_×。)

なのでねひとつ心している事が・・・

普通に言う子供の基本的な自立とは別に・・・

医療ケア児たちはいつか

医療ケア的な自立も出来る様にならなきゃ!

ということ。

自分の病気を知り、理解し危険を避けたり守ったり

そして自分で吸引をする

自分で首のケアをする

そして自分で吸引器バックを持つ・・・

このように(もう少し先には)将来なるだろうから・・・

中学男児が持っても(学校でも)違和感のない恥ずかしくない

なんと言っても本人の竜が嫌がらない竜好みのバックをと思って

竜に選ばせた地味バックのチョイスなのです('ᴗ˂)v
(アディダスだけん、それでいいのかも)


今よここが気になるいろんな勉強会や講座なども

中学
高校
就労

となりつつあり

んー竜が年齢的に成長している事を実感しています♡。


動ける
医療ケア児

だからこその

自分で
やらなければ

自分で
出来なければ

のいろいろがたくさんありますね。

安全面や衛生面などもあるのでとても難しいから慎重に進めねば!です。

最終的な自立には健常さんたちよりも問題も試練もいっぱいですが

頑張って一緒に乗り越えて行ければと思います。

ケアチャネルより一言

獅子舞が一年で一番活躍する時期なので、獅子舞好きの竜くんにとっては嬉しい季節かも?(^^)
動ける医ケア児にとって、ゆくゆくは自立して、というのは課題ではありますが、楽しみな部分もありますよね☆

竜&よここ☆気管・喉頭狭窄ばってん元気ばい

※記事内で紹介している方法等は、あくまで体験者の実践している方法であり、当社において安全性や症状の改善・効果等を何ら保証するものではありません。お客様ご自身においてご確認の上、対象者の症状、性質、身体状況などを踏まえ、お客様の自己判断で実践してください。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント