ついに一年生!☆ 最強の医ケア小学生への道(気管切開)

ライフスタイル

対象者

性別
年齢 7歳
診断・症状 気管切開

実践者

保護者(母) さきぽんが〜
ついに〜
小学校に・・・

く〜る〜!!


はい、なりました。
ザキヤマに、、じゃないや、

小学生に!

ハウツー

お気に入りのランドセルを背負い意気揚々と登校する姿に感慨深く見入るパパママでした。

NICUでたくさんの管に繋がれていた我が子への申し訳なさや
気管切開を決断したときの不安や
3歳でやっと歩き出したときの安堵感や
手術をして少し声が出るようになったときの喜びなど

今までのいろんな場面を思い出し入学式はとても嬉しかった、、

でも、涙が出ちゃう
(一応)女の子だもん。。

と、アタックナンバーワン的なママなのでした。。

さきぽんはたのしーたのしーと興奮気味の小学校。
なぜか朝礼台の上で欅坂46っぽさを出すさきぽん。。。
おもわずパチリ。

おもしろいから載せとこ。笑
下校風景。
こんな風景が見られるとは。。
くすん。

お姉ちゃんや赤ちゃんの時から知っているお友達兄弟と楽しそうにあるいてます。

あ、たまちゃんも無事四年生になり、女の先生希望だったのに男の先生で一瞬がっかりしていましたがすぐ忘れていたようです。笑

小学校では個別支援級で6組さんです。
前年度の先生方がかわることなく引き継ぐかたちとなり、一安心。

※実は前年度の熱意ある校長先生をはじめ副校長、養護教諭、児童支援専任がまとめてごっそり離任してしまい、かなり不安なママだったのです。

交流級は普通級の1組になりお友達もいるし、担任の先生もいい感じでした。
週二回の交流給食や学年遠足などでお世話になる予定です。

で、問題の医療ケアですが新年度スタートしてから看護師配置などの細かいことが決まるという感じでしたので、ひとまず母が付き添いっす。

あんなに早めに動き出しているのに
なんでやねん!

あ、つっこんでしまった。

そしてあんなにお願いしていた看護師配置は結局

週3回
1日1回 一時間程度
給食前後の時間

と、いう
限定的な条件で決まりそうです。

なんでやねん!

あ、またつっこんでしまった。

まあ、今までゼロだったので前進していますよ、ええ、確かに。

ありがたいことです。

でもねー。。

子供の成長は待ってくれませんよー!

あとの週二回は家族が行くことになるし

午前中に吸引が必要になれば出向くことになります。

遠足など校外授業は母付き添いね。たぶん。

学校側(担任の先生とか)が慣れるまで
と、いうのは吸引が必要だと判断ができるようになるまで?
さきぽんに対する不安がなくなるまで?

とりあえず、担任先生からは明日からの一週間は付き添いをお願いされました。

それはね、そのつもりでしたから。
いいです。

わかりますよ。
学校側の気持ち。当然。

理解はできますよ、行政の事情。
予算とかね、人材確保とかね
大人の事情ね。

でもねー。。

子供の成長は待ってくれませんよー!

だからあんなに早くお願いしてきたのにー!

あ、2回目。

とりあえず、ママ
またさきぽんと共に最強の医ケア小学生目指す旅
お供する運びとなりました。。。
一生ドラクエかよ。

さきぽんが楽しく小学校通えればまずは良しとしなければね。。

期待と不安と若干のモヤモヤのなか新しい生活がスタートしています!

ケアチャネルより一言

たくさんの紆余曲折を乗り越えて、新小学1年生。
感動とつっこみが織り混ざったママさんの気持ちもよくわかります(^^;
でもやっぱり大きな大きな一歩だと思います!
さきぽんなら友達100人以上できますね、きっと(^^)

たまさき日記 ★小さく生まれたたまちゃんとさきぽん(歩いて動ける気管切開児)の日常

※記事内で紹介している対応・サービスは、あくまで体験者の対象者に合わせた実践例であり、全ての対象者の症状・状況に適しているものではなく、当社において情報等の正確性、完全性、確実性、有用性を有すること等について、何ら保証するものではありません。記事内で紹介している対応・サービス等は、お客様ご自身においてご確認の上、対象者の症状、性質、身体状況等を踏まえた上で、お客様ご自身の責任においてご利用ください。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント