入学式&始業式☆不安もあるけどこれからが楽しみ(先天性横隔膜ヘルニア)

対象者

性別
年齢 6歳
診断・症状 先天性横隔膜ヘルニア
  気管切開 胃瘻

実践者

保護者(母) ブログが滞っていましたが、息子、小学生になりました。

ハウツー

入学式の写真が旦那のカメラで撮ってまだ編集されてなくてアップできないので、家で撮った1枚を。。。
ランドセルを背負って帽子をかぶるとピカピカの1年生っぽく見える(笑)

入学式は8:30受付で9:30開式だったのですが、張り切って8:30に行くと大分待たされました
張り出されたクラスは3クラスあり、息子は1年1組に。。。
同じ幼稚園の一番仲良しの女の子と同じクラスになりました
一番仲良しだった男の子は残念ながら3組に
先生達と事前に話し合いをしており、一応入学式も滞りなく終了しました
入学式の後は普通クラスの教室にて初授業
教室の席は一番後ろの席で、仲良しの女の子は斜め前の席でした
そして早速、そのお友達から指導を受けていたようです

ちゃんと小学生になれるのか本当に心配だったけど、クラスに入って担任の先生から順に名前を呼ばれて、大きな声で返事をしているのを見た時は嬉しかったです

普通クラスの担任の先生は昨年度、支援クラスの統括をしてくれていた先生

そして、支援クラスの担任の先生は、昨年度肢体不自由クラスの担任だった先生

どちらの先生もベテランなので、周囲から地域の小学校の支援クラスの先生は当たり外れがあると聞いていたのですが、当たりでした
同じ1年生で支援クラスに入ったのは息子を入れて合計6人

その中で同じ幼稚園だった子は息子を除いて男の子と女の子の2人

女の子の方は補聴器をつけているのですが、それ以外の発達は全く問題なさそうに見えるし、特に男の子の方は幼稚園で何回か喋った事もあるけど、どこに支援が必要なのか全く分かりません

卒園文集もしっかりした事書いてあったし。。。

そんな支援クラスの中では息子の発達は場違いな気がする。。。
本当にやっていけるんだろうか

入学式が終わり、家に帰ってからは普通クラスと支援クラスの書類書きやもらった教科書の名前書き、クラスが分かったので他の文房具の名前書きを息子の妨害に負けずに頑張っていました

サポートブックも幼稚園の時の物を少し訂正して一度提出していましたが、小学校規定の様式で書き直し
そして今日の始業式、付き添いする気満々で小学校に向かいましたが、息子を支援クラスの教室まで送り届けると、支援クラスの担任の先生と看護師さんが二人掛かりで付き添ってくれて、私はお役ご免となりました

幼稚園では上手くやっていけてたけど、新しい環境でほぼ引き継ぎもなくちゃんと出来ているか心配していましたが、幼稚園のお友達がフォローしてくれたりとなかなかちゃんと出来ていたようです

幼稚園のお友達が居て良かった!

支援クラスの先生からはこんな引き継ぎノートをもらいました
お友達が大好きな事を分かってもらえたようです

ただ、ドア愛も凄かったようですが。。。(笑)

お勉強の事、給食の事など心配な事はまだまだありますが、なんとか小学校生活のスタートを切れました

お母さんは応援してるぞ!

頑張れ、息子!

ケアチャネルより一言

一番のお友だちが一緒なのは、心強いですね☆
これから大変なこともあるかもしれませんが、きっと大丈夫だと予感させてくれるスタートだったようです(^^)

重度先天性横隔膜ヘルニアで生まれた息子の奇跡の成長日記

※記事内で紹介している対応・サービスは、あくまで体験者の対象者に合わせた実践例であり、全ての対象者の症状・状況に適しているものではなく、当社において情報等の正確性、完全性、確実性、有用性を有すること等について、何ら保証するものではありません。記事内で紹介している対応・サービス等は、お客様ご自身においてご確認の上、対象者の症状、性質、身体状況等を踏まえた上で、お客様ご自身の責任においてご利用ください。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント