久しぶりの登校と入院中のあれこれ☆学校探検や昇降機の乗車確認(気管切開)

対象者

性別
年齢 6歳
診断・症状 気管切開 急性脳症 胃瘻

実践者

保護者(母) 4月21日に授業参観があり、入院してなかなか学校行けなかったけど、5月1日に元気に行くことができました!
学校へ行くのはいつも朝の会の途中から。この日もいつもと一緒。朝の会の中に、お話というのがあり、曜日によって学年分かれており、テーマはなんでもいいので話す!ことをしています。

ハウツー

久しぶりの登校でしいたんの番でもありました!
でも先生がフォローしてくれて、"しい○ちゃんははお休みの間どこへ行っていましたか?"という質問に始まり、入院の話で膨らませられました。
この日は1年生のクラスのお友達たちは学校探検ということで、しいたんのいる特別支援学級の様子も見ていきました
しいたんは2時間目はみんなとは別で自立活動をしています。
その時にオムツ変えたり、身体を動かして排痰したり、水分補給、吸引などの医療的ケア、そして足のマッサージ。いわゆる身体のお勉強をしています。
2時間目もまたいろんなお友達がしいたんを見に来ていました。
あえて水分補給で胃ろうから注入をするところを見てもらったり。やはりカニューレは気になるようでこれは何?お話できるの?食べられるの?
お友達たちは質問がいっぱいです(^.^)でもこうしてひとつひとつのことに答えて、子供たちが"しいたんも同じ仲間なんだ"ということを少しでも少しずつでもわかってもらえたら嬉しいなと思います(*‾◡‾*)

3時間目は今度はしいたんが学校探検しました!
まずは1階!6年生のあるクラスは誰もいないのでお邪魔したらクラス担任だけいました!笑6年生のお兄さんお姉さんが作った埴輪見せてもらい、担任の先生に挨拶!1年生のクラスにも行き挨拶!あるクラスは学校探検の振り返りをしていてしいたんの名前も挙がっていました
プレハブ校舎まで行きました!
そして、迷路のような校舎を一通り回ってお部屋に戻り、国語の勉強で、おおきなかぶ、そしてあひるの本を見て終了!
あとは昇降機乗れるかどうか試してみました。
初めて見た昇降機。とーーーっても動くのがゆっくりらしいですね
確認したらバギーでギリギリ。昇降機のことも考慮しながら次の座位保持作らないといけないな。
2日は自立活動中から筋緊張が強くて、なかなかマッサージしたりもできない感じで、バギーに座りながら足を少し先生に触ってもらったりしながら過ごしました。
他のお友達は畑に植える野菜を決めておりました!かぼちゃやナス、枝豆、人参...いろんな野菜を植えるようです!しいたんはというと、かぶにしました
楽しみだな☆
3時間目は図工でみんなとは少し離れてしいたんはこいのぼりの製作をしました!
3時間目始まる時に寝てしまい、寝ながらの作業!笑でも頑張りました
途中で起きてくれ、こいのぼりを貼り付けた画用紙はしっかり自分で選びました!
背景はクラスの他のお友達が作ったこいのぼり
でも、小学校となるとどこまで載せていいのかわからないし、なかなか撮る機会もないので、最低限の画像だけ載せます
でも1日も2日とも、しいたんが学校へ行ってクラスのお友達が喜んでくれて嬉しくなりました!手を握ったり、顔を触ったり、絵を描いてくれたり、いっぱい声をかけてくれて
とっても賑やか( ´∀`)
今までは3時間で帰っていたけど、月曜日からは4時間授業でお昼食べて帰る予定。
元気に通おうね!
その前に母、しいたんの外科処置に苦戦しそうな予感
ご飯は入院中、昼、夜と出してもらい、昨日から経口でも食べたら上手!好き嫌いはっきりしておりますがしっかり食べています
残りは注入。
しかし、今日夜はきちんと胃ろうチューブが接続なっておらず漏れておりました
ごめんよ、しいたん。めちゃくちゃ、違和感だったよね。 笑
そして入院中だから絵本でしっかり野菜の勉強。
変わらず癒されるピクルスの本。購入♪

ケアチャネルより一言

疑問に思ったことをストレートに質問できる年頃のお友達に、丁寧に応えるママさんも素敵(^^)
知ってもらうことでお友達としてごく自然に馴染んでいくようになれば☆
これからの学校生活も楽しみですね!

沢山の笑顔であふれるように...♡

※記事内で紹介している作製方法・作製物等は、あくまで実践者の対象者に合わせた実践例であり、全ての対象者の症状・状況に適しているものではなく、お客様が作製された物を含め、当社において安全性等において何ら保証するものではありません。実践される場合には、利用する製品の強度・使用方法等をお客様ご自身でご確認の上、対象者の症状、性質、身体状況などを踏まえ、お客様の自己判断で実践してください。

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント