就学相談とか☆2ヶ所に籍が置けたら良いのだけど(脳性麻痺)

対象者

性別
年齢 5歳
診断・症状 脳性麻痺
気管切開

実践者

保護者(母) ここしばらく、筋緊張の記事しか書いていませんでした
まあそこに生活を振り回されている事実はありますが。

ハウツー

つーさん、今年年長さんでして。
ただ今就学に向けての準備の真っ最中でございます。
すでに教育委員会の担当者との面談・学校見学・医療情報についての書類提出など済み、来月中旬に委員会の審議にかけられるそうです。
つーさんの希望は、自宅から車で10分の県立支援学校。
今の通園先よりも近くなります
医ケアがあり、今後未知の医療処置(バクロフェンポンプ)の予定があり、肢体一級、知的A1のつーさんなので、支援学校でこれからの学校生活をゆっくりと過ごすことが適切であると思っています。
納得もしていますし、前向きな気持ちで希望を出しました。
が。
ここ二ヶ月ほど、地域の学校という選択肢を諦めていいのかと考えながら過ごしました。

きーちゃんと一緒に登校班で登校し、地域の子ども達と関わりながら、運動会なんかにはきょうだいで参加して…。
憧れます。
そりゃ、やっぱりね。
同伴やってやるぜ、看護師配置要望出してやるぜ!って、それで受け入れてくれるならって思ったりもした。
でも、きーちゃんの学校、エアコン無し・エレベーター無し。
給食の問題や、トイレの問題。
いろんな側面から、開拓してかなくちゃならない。
おそらく肢体の子を受け入れた経験もないから、ましてや重心の子なんてどこから説明したらいいのかすらわからない。
あのガヤガヤとざわついた学校の中で、果たしてつーさんは週5日で通っていけるのか。たまに行くのは好きですが。

きっと地域の学校に通えば、そのうちお友達ができたり、手助けしてくれることはあるでしょう。
でも、学校の速度はつーさんを待ってはくれないし、待たなくていいと思う。 つーさんを待っていたら、授業が進まないから。

本音を言えば、支援学校と地域の学校両方に籍を置いて、週の半分づつくらいで通えたらいいのに。
支援学校で療育や自立支援のトレーニングをして、
地域の学校で地域社会の中での触れ合いを積み重ねる。
本当は両方とも同じくらい大事なことだと思う。
交流という形で地域の学校と関わって行くことはできるそうなので、そこはできるようにして行きますが、交流はあくまでも交流であって、その一員にはなれないように感じます。
地域の中でも、お客様じゃなくてメンバーの一人にしてあげたい。
一緒の学校に通えないこと、きーちゃんがとても残念がっています。
でも、階段だしエアコンないしね…と、理解してくれています。
きーちゃんが在籍の間に、なるべく多くの交流ができるといいな。

ちなみに、つーさんの市は肢体支援級というものがあり、区ごとに拠点校が設けられています。
つーさんも行こうと思えば、通園先からほど近い公立校の肢体支援級に入ることもできます。
在籍しているお子さんの中には、医ケアがある重心の方も。
とても惹かれるものがありましたが、週5日の殆どが受け身の授業(普通級との交流)であることと、
何より、きーちゃんと生活時間が丸被るのに、車で15分の違う地域の学校であることで諦めました。まま、体二個ほしい。
きーちゃんの学校に肢体支援級があったら、きっと行かせてただろうなぁと思いました。

ケアチャネルより一言

支援学校と地域の学校、どちらを選択したとしても楽しい事が待ってるはず☆今は不安があるかもしれませんが、決めたら全力で(^^)
来年からの小学生つーさん楽しみですね(*^-^*)

つきのあかり

※記事内で紹介している器具・製品等は、当該器具・製品等の取扱説明書等をご覧の上、正しくお使いください。記事内で紹介している器具・製品等の使用方法を含め、記事内の方法は、あくまで体験者の実践している方法であり、当社において安全性等を何ら保証するものではありません。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント