施設見学☆グループホームへ行って来ました(脳性麻痺)

対象者

性別
年齢 6歳
診断・症状 脳性麻痺
発達遅滞

実践者

保護者(母) 先月。

高等部のお母さん3人とうちと中学部の先生とで
障害者向けグループホームの見学に行って来ました

ハウツー

正直あんまわからんくて、就労AとかBとかさ。色々と学校入ってから知ることがたくさんで
今回見に行ったのは市内にある施設、うちから10分くらいかな(でもはな送ってから行ったからめちゃ遠くて集合最後だった)

三階建てで、すごくキレイ!お部屋は八畳くらいずつ。定員は20だったかで満室。

お風呂は順番に入るけど洗えない人とかはすたっふが手伝ってはくれるそう。
でもみんな一通り自分のことはできるかんじだった、

ここから、朝、就労のとこにいく人、生活介護いく人、色々。
土日は日用品買いにいったり自由で、
帰る家あるひとは帰ってる人もいるし、
帰る家あるけど帰れない人や、帰る場所ないひとは、ずっといるって。
私達が死んだら、はなってどうなるんだろって、たまに思ったりしてたけど。
安心しました。いや、安心てこともないけど。

1ヶ月83000円で一万円は補助あるそう。

一応ショートもやってるけど、部屋があいてないし、あいてるときのみだって、

小学生の時から寄宿舎でそのままグループホーム入って全くかえらないひともいるし、
土日は必ずかえるひともいるし、

とか
家で生活してて家から就労や生活介護にいくひととか

色々だけど
いきなり40才とかでグループホーム入って帰る場所なくなるとかだと、理解力にもよるけど辛い思いするから
おうちで介護できても、毎月ショート利用したりするのがいいかもって。

でもショートあいてないね。

見学したところから15分くらいのとこに新しくできたのと(隣の市)
新しく反対の、これまた20分くらいのとこにつくり中で(ちがう隣の市)

気になりました
ずっと私が元気で一緒に過ごして
仲良く旅立ちたい!なんて思いつつ、将来のこと考えていきたいとおもいましたー

こんな場所を見てきたこと、ももにパンフみせたら、ママが死んで、はながグループホームいったら土日は連れて帰ってあげるわと、

就労のところも、見学しました
なんか見たことあるものが、積み上がってて!
そしたらそれよくいく店の商品で、ここで包装してるって。
折り紙で作ったこちらを
みーちゃん、もらいました
自分の親くらいの方に。

見学できてよかった
でもかなり悲しくなったな

懇親会でママさんたちと食事会にもいった
毎回緊張、でも人数四人やし、楽しい〜
おわり。
耳鼻科に!
がんばりました!

ケアチャネル

先のことを考えないといけないのはみんな同じなので、しっかりできるときに情報は集めときたいですね☆
後ろ向きに考えるよりも、フラットに、前向きに(^^)

発達遅滞って*peachflower

※記事内で紹介している作製方法・作製物等は、あくまで実践者の対象者に合わせた実践例であり、全ての対象者の症状・状況に適しているものではなく、お客様が作製された物を含め、当社において安全性等において何ら保証するものではありません。実践される場合には、利用する製品の強度・使用方法等をお客様ご自身でご確認の上、対象者の症状、性質、身体状況などを踏まえ、お客様の自己判断で実践してください。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント