仕事復帰しました☆職場の理解で可能な範囲で(低酸素脳症)

対象者

性別
年齢 1歳
診断・症状 低酸素脳症
気管切開 呼吸器装着 経鼻経管栄養

実践者

保護者(母) 実は私、3月末に仕事復帰しました。

ハウツー

私がブログを見させて頂いている医療ケアが必要なお子さんのお母さんはみんな仕事を辞めてお子さんのお世話をされている中、子どもの世話を病院に押し付ける形で仕事復帰するのはどうなんだろう。母親として失格なのではないか、という葛藤がずっと自分の中にあって、育児休暇終了ギリギリまで悩みに悩んだ末、仕事復帰することを決断しました。


私の職場は従業員数6名という少人数の会社で、産休・育休ともに取得するのは私が初めて。
私の仕事なんて誰でもできるような簡単な仕事ではあるけれども10年も勤めていた為会社としても私には復帰をしてほしいという要望があり、本来であれば育休も半年で切り上げ仕事復帰をする予定でした(その為妊娠中から保活をし、既に出産前から保育園も決まり、オリエンテーションも妊娠中に参加していました)。


出産をして、状況を会社に報告したとき,もちろん復帰をして欲しいがお子さんを第一に考えてほしい。辞める決断をしてもらっても構わないが、もしも復帰する気持ちがあれば時短勤務やフレックス勤務、急な欠勤遅刻早退にも対応するとまで言ってくれた為、仕事に復帰することを決断することができました。


会社も育児休業の延長ができないか、介護休暇を取れないかとか色々調べてくれましたが、病院に入院している状況ではこれらの制度は対象にならないそうで。


そこで1年の育児休暇を満了し、1歳の誕生日から復帰の予定でしたが、会社の計らいで誕生日の翌日からの出勤ということで復帰になりました。


勤務時間は通常9時から18時でしたが、病院への面会時間を考慮していただき、9時から13時、休憩1時間を含め3時間中抜けし16時から19時という変則時短勤務を認めていただきました。
本当にありがたいです。


そんなわけで仕事復帰した私の1日のスケジュール↓
5時起床(夫が6時出勤の為)、搾乳・洗濯・お昼ご飯の準備を済ます(夫がお昼は帰宅して食べる為)、8時45分出勤、13時に仕事をあがり自宅に帰り、搾乳し、お昼ご飯を食べて13時40分に病院へ向かい14時から15時15分まで面会し、15時45分に自宅に帰り16時から仕事。
19時に仕事をあがり、搾乳し、19時20分に病院へ向かい、19時40分から20時まで夫とともに2回目の面会、20時30分帰宅、夕飯の準備をし夕飯を食べ終わるのが22時00分、お風呂やら翌日の朝ごはんの準備やらをして搾乳、24時から25時位に就寝。


これがわりとハードで。。。
常に小走りしてる気がするし、夜はいつのまにかリビングで寝てしまって髪の毛がびしょびしょのまま朝起きることがしばしば。(。×_×。)


しかし私が仕事を辞めるとなると収入的に生活が成り立たない(夫も私も超低収入で2人でやっと1人前いかないくらいの収入しかない為(TヘT))。


いずれはこまさと自宅で一緒に暮らしたい。でも、今の家では受け入れられる体制は整ってないから、おいおい引っ越し等も検討しなければ。。。


そのためにもまだ病院で面倒を見ていただけるうちは共働きをさせていただこう!


こまさにとって一番良い方法を考えていきたいです。


さて、今日のこまさは、、、
先週やっと肺炎が落ち着いて(でもまだ呼吸器設定は元に戻ってません(◞‸◟))点滴が抜けたので、今日は一ヶ月半ぶりに抱っこをさせてもらえました(o^0^o)☆
久々抱っこということでたった10分しか抱っこさせてもらえなかったけど、うれしかったー(o♡ω♡o)

仕事の合間にこまさを抱っこできると考えたら仕事の疲れも吹き飛ぶよ v(o^ᆺ^o)
でももっと一緒にいたくて仕事に戻りたくなくなるっていうのもあるけど。。。


点滴も抜けたので久々に体重も測ってもらえました!ちょうど9000g!大っきくなったね('ᴗ˂)

今日の経管チューブの固定テープはあかちゃんまんと桜とお団子とちょうちょ。(ちょっと桜は時期が遅くなっちゃったね)

アンパンマンシリーズはキャラが無限にあるのでしばらくネタは尽きなそうです(oゝω・o)

ケアチャネルより一言

まだまだ働くにはハードルが高い世の中。周りの理解も得難ければ、当のママさんですら罪悪感を感じたり・・
働くことでいつもとは違う環境に身を置ける、それだけでお子さんとの向き合い方にもいい影響があるはずです(^^)
選択肢が一つでも増えるようになれば☆

重症新生児仮死で生まれたこまさの記録

※記事内で紹介している方法等は、あくまで体験者の対象者に合わせた実践例であり、全ての対象者の症状・状況に適しているものではなく、当社において安全性・効果・不具合の不発生等を何ら保証するものではありません。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント