引越しで必要なこと☆息子に関する手続き関係の話(SCN8Aてんかん性脳症)

対象者

性別
年齢 4歳
診断・症状 SCN8A異常によるてんかん性脳症 レノックス・ガストー症候群
胃瘻

実践者

保護者(母) お引越しにあたり、移住先の県で再申請しなければならないものも山盛りたくさん!

・身体障害者手帳
・療育手帳
・特別児童扶養手当
・障害児福祉手当
・小児慢性特例疾患
・オムツ支給手当と業者さん
・県特有の特別補助金(名前忘れた)
・車両などの減免関係

・移住先の病院
・お薬、物品、レスパイト...etc
・お薬の配達でできる薬局探し
・在宅酸素、モニターの業者へ県移動の引き継ぎ

・療育センター(通園、リハビリ、装具科、相談支援員、ワーカーさん...etc)
・児童発達支援事業所
・訪問看護ステーション


↑これぜーんぶ坊ちゃんだけの話。


逃げたいくらいゾッとする量 (ŎдŎ;)笑

きっとまだ何か見落とししてる可能性大。

これらを全てクリアしなければ移住は成り立たない(꒪д꒪)lli|


いろんな場所に電話をして移住県はどうなっているか確認していますが


登場人物が増えすぎて
もはや関係図おこさないとダメなレベル。


ただ、調べていくにあたりわかったのは
制度関係は先に役所間で情報提供の許可をすればある程度スムーズにいく様に話をしてくれるそうです。
手帳関係や手当関係は住民票を移してから移住県で再申請、発行となります。

身体障害者手帳に関しては県ではなく国の制度なので等級が変わることはありません!

家族のやることと言えば

・家のお引越し
・住民票変更
・妹の児童手当
・カードや郵送先変更の届け

、、、くらい。


殿、、、あなたすごい事になってるよ!?(,º 0 º,)笑

母の身が持たないよ。

ハウツー

いや〜、とりあえずご飯食べましょうよ(*˘~˘*)
腹が減っては戦は出来ない!ってね☆
今日も短時間メニュー( ꒪⌓ ꒪)

・トロ丼
・五目煮
・味噌汁


向こうの不動産や両県役所の障害係など電話ラッシュが止まらないので昼寝も出来ないぜ。

お願いだから昼寝の時間だけは避けてほしい。
(↑世話になる側が何をアホなことを)


家は決まったけど引越し業者さんはまだなので早く決めなきゃ〜(;☉д☉;)

ケアチャネルより一言

なるほど〜確かに自治体が変わるといろいろ違ってくるので、手続きもたくさん、、
県を越えるとやっぱり大変なんですね(^^;
一つずつクリアして見落としがないようにしたいところです(^^)

ゆうのすけのWonderful Life(重度心身障害児の日常)〜遺伝子疾患 難治性てんかん脳症〜

※記事内で紹介している対応・サービスは、あくまで体験者の対象者に合わせた実践例であり、全ての対象者の症状・状況に適しているものではなく、当社において情報等の正確性、完全性、確実性、有用性を有すること等について、何ら保証するものではありません。記事内で紹介している対応・サービス等は、お客様ご自身においてご確認の上、対象者の症状、性質、身体状況等を踏まえた上で、お客様ご自身の責任においてご利用ください。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント