我が子の説明の方法。☆新しい先生への自己紹介(基底核変性症)

対象者

性別
年齢 5歳
診断・症状 基底核変性症 先天性白内障
胃瘻

実践者

保護者(母) リハビリの先生が新しくなって、とても熱心な先生なので、作ってみた。前の見たらこれ作ったの2年前でした…さぼっとる。
リハビリの時間はとっても短いから、遠回りさせるのは申し訳ないし。
たろ自身は最近、なんでも楽しそうですけどね。


病み上がりのたろくん、よく寝るから夜の時間がある。相当しんどかったみたい。
たろが寝ててくれたら、夜時間がこんなに有意義なんだな。


これだけは、他のお母さんが羨ましい…
夜の睡眠さえ取れる子ならなぁ、生活の余裕が全然違うのになあ…

ハウツー

初めて知ったエコラリアを、さも昔から知っていたかのように書いてみたよ。えっへん。


後は、来月の就学相談用のサポートブック。こっちは基本的な情報と、日々の生きていくための生活のことについて。
口下手なので、用意しておこうと思います。なんか原因があるんじゃないかと思うくらい、喋るの苦手なんス。なんか克服できる方法ないかな。洗脳とか?なんか良い本とかないですか?
喋ろうとすると、頭がわちゃわちゃするの。これ病気?

喋るの得意なママさんが心底羨ましいです。大人のたしなみってかんじよね、ちょっとギャグ挟んだりして喋るの。憧れる。
作業、今夜も出来るかなあー。
お風邪中につき、写真がない。

ひま。たろくんと買い物行きたい。
たろくんてね、洋服屋さんでね、


ぴの カーディガンをあててみる「たろくん、ママ可愛い?」


たろ「ママ、可愛いねぇ♡(奇跡を見るようなお目目。でも、これもエコラリアなのよ)」


ぴの「どっちが良いかな?どっちが可愛い?こっち?こっちかな?」


たろ「こっちー♡」(まさかのここでもエコラリアっす。遅延じゃない方の。でもいいの。気持ちはあるのよ。ニコニコ嬉しそうだもん)


うふふ。こんな男初めて。お姫さんになった気持ち。


それにしても、たろくんに助言を求めると、ぴのは日に日に派手になるなぁ〜
でも、たろくんの好みの女に、なりたいの。
そういえば、この前初居酒屋(多分…)したよ。車椅子で入れるとこ探したー結構居酒屋って段があるんよね。結局チェーン店になる…悲しみ。
たろくんは、照明に釘付け。終始ご機嫌で、チーズ入りつくねとネギトロびっくりするくらい食べました。


これね、たろタイムの17:00から開催。
なんと代行って早い時間やってないのね。エライ目みました。お気をつけあそばせ…



だらだら書きすまぬ。です。
それにしても、ひ、ま、だー!!!

ケアチャネルより一言

時期的にサポートブックを作られている方も多いのではないかと思います☆
話して説明するよりやっぱり写真やイラスト、文章で説明する方がわかりやすいですし、一度作ってしまえば何度でも使えるのもいいですよね(^^)

寝たきりになんてならないもん!〜たろちゃんの基底核変性症・先天性白内障闘病記〜

※記事内で紹介している方法等は、あくまで体験者の対象者に合わせた実践例であり、全ての対象者の症状・状況に適しているものではなく、当社において安全性・効果・不具合の不発生等を何ら保証するものではありません。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント