医ケア児母の仕事続投は棘の道☆開始前から予想はしていた問題(気管切開)

対象者

性別
年齢 5歳
診断・症状 気管切開
呼吸器装着(人工鼻併用) 胃瘻

実践者

保護者(母) 新学期が始まってから体調を崩しその度1〜2週間ほど休む、を繰り返しながらも...
入院せずに済んでいる娘(,ºΔº,)
一年のうち4〜5回は入院していた子なのに!
すごい☆

ハウツー

そんな娘のお陰で週1~2回だが仕事を始めることができた母。
もちろんそらを抱え外で働くのは難しいので、自分で始めちゃおう!自分の責任は自分だけでとろう!自分の仕事は自分で作ろう!とフリーの道へ
始めて2か月ほどになる。

フリーインストラクターとしてある教室を開講したのだが娘も一緒に連れて行っている。
(子連れオッケーの教室にしたのでお友達と遊んで過ごしている。ハンデっこちゃん親子も来てくれているよ♡)

母も好きな仕事なので楽しい(*´∇`*)(*´∇`*)(*´∇`*)


ところが....
やはりぶつかる、体調不良との闘い(^_^;)

教室のお客様には我が家の状況をお伝えしており、
相場より安くレッスン&予定レッスンが開催できなかった際は1回無料チケットで後日対応、という形で了承してくださる方に今のところお越し頂いている。

だが、世の中そんなに甘くなぁいー
当日になっての休みが一度あったのだが(苦渋の決断)、おそらく教室に興味を持って頂けていたであろうブログの読者さまが一気にさぁーーといなくなった(꒪д꒪)lli|
そんなことも何回かあるだろうと覚悟はしていたが、定期的に来てくださるお客様に対して急な予定キャンセルの申し訳ない気持ちもあるし&でもどうしようもない状況の中でそうするしかなかった辛さで、予想していてもメンタルがちょっとダメージを受けた

仕事日になって急になんとなくそらの体調があやしい...なんて日も何週か続けてあり、
その度ヒヤヒヤしながら何とか何とかしのいで必死で仕事をし...(꒪д꒪)lli|

祖父母も近くにいるが、祖父母自身の体調すらあやしい年齢なので頼ることは不可能。

あー、少し仕事をしたいだけなのに、なんでこんなにヘルプがないのか、母一人の肩に全てのしかかるんだ、って思ってしまうわー
それは最初わかっていたことだし、その上での仕事決断だったから仕方ないけどね!


日本のお母さんたちは本当にすごいね。
夫婦間ではだんだん男女役割平等観念も浸透してきているように思うが、
社会的にはいまだに女性が仕事、家事、子育て、全てをこなすのが当たり前のような雰囲気もーー〰️
男性はまだまだ子育て&家事においては "手伝ってあげた" 意識の方も多いんじゃないかな。


たった週1~2回、しかも2時間ほどの仕事しかしていない人間が言うのは勘違い甚だしいのだが(‾∇‾;)

ただ我が家みたいに体が弱い子供でなくても、小さい子は集団に出ると体調をたくさん崩すし、そもそも預け先がない問題もまだまだ解決できていない地域もめずらしくないし...

子供の心配をせずに安心して仕事ができるってすごくありがたいことよね。
子供の心配をしながらお仕事をされているママ、日本中にたくさんいるんじゃないかな。


そんなことを週1~2回仕事の人間ながら実感したのでありました。
勉強になったから良かったかも(ゝ‿・)

まだ始めたばかりの仕事だし、正直この先そらの負担なく続けていける環境が整えられるのかは不明だが、
ゴールは何十年(40年くらい音符)も先だと思っているのでなんとか焦らず踏ん張りたい
少しでも続けて未来に繋げたい!

応援してくれ毎週レッスンにきてくださるお客様のために(*´3`*)
そして娘に働いているかっこいいママの背中を見せるために➰!!

ケアチャネルより一言

まだまだ始めたばかりで、いろいろ課題はあるようですけど、少しずつしっかり進んでいてママさんの行動力すばらしい(^^)
これからも大変かもしれませんが、ぜひがんばって欲しいです☆

呼吸器っ子☆そらとママの人生女子旅中

※記事内で紹介している方法等は、あくまで体験者の対象者に合わせた実践例であり、全ての対象者の症状・状況に適しているものではなく、当社において安全性・効果・不具合の不発生等を何ら保証するものではありません。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント