カリカリしていた自分☆初めての医療型短期入所施設へ(気管切開)

対象者

性別
年齢 5歳
診断・症状 気管切開
胃瘻

実践者

保護者(母) もみじの家に 初めて預けに行ってきましたー。
いや私がね、初めて。
旦那かばあばにお願いしてたので緊張しながら行ってきました。

タクシーから周りの景色が見えるためどうなあなぁと心配な母。
チビは、ブルーになることなくのびのびしております。

やっぱりもみじの家いいんだねぇ
ディズニーランドと大違いですわ。

ハウツー

前回は、ばあばの話では泣きそうになり大変だった様子ですが今日はとくに騒ぐことなく遊びなんとなしに外に連れてけ!と指図を受けました
12時からお昼だったけど過ぎて40分くらいからみんなでダイニングでスタート。

前の私ならカリカリカリカリ怒ってますよ。
でも、みんな遅れてみんなで始める。
看護師さんが何をしてるのかオープンなため部屋を出ればわかっちゃいます。
みんな忙しそう!でもおざなりじゃない!
担当看護師さんが離席すると違う担当看護師さんがチビに話しかけながら注入したり。のほほん、ぽっかぽか
病院だと順番、下手な周りをする看護師さんにあたるといつまでも来ない。
閉鎖的で何をして入りいるかわからない。

カリカリカリカリ。

チビのリズムを崩す行為にマックスイライラ。
あの時の私は本当に余裕がない嫌な親だった。
今もかわらないかも?

チビは医療ケアがだいぶ楽?状態も安定しているので寂しがりで泣いちゃって吐く心配以外はなくなってきました。
ボランティアの方々もいたり
カフェの日に当たりお抹茶とお菓子を頂きました
おかわりもできるんですって!ウレシミー

さて、私はこれから小児慢性の受給券を受け取りに行きます。
郵送手続きしたのに受け取り損ねて結局行く羽目に、、、。
もみじの家でも使うためダッシュです。

ケアチャネルより一言

家族ではない第三者に預けるのはホントに、、、大変です。
自分の事ではなく、お子さんのこととなると余計に神経もピリピリしちゃいますよね。自分の事のほうが楽かもしれません(^^;)
お子さんの成長と共に、大人も一緒に成長して行く、と意識すれば、少し余裕のある気持ちで物事を捉える事が出来るようになるのかもしれませんね(^^)

未熟者ブログ〜309g小さな赤ちゃん〜

※記事内で紹介している方法等は、あくまで体験者の対象者に合わせた実践例であり、全ての対象者の症状・状況に適しているものではなく、当社において安全性・効果・不具合の不発生等を何ら保証するものではありません。また、全ての施設において、記事内で紹介されている設備・サービスが実施されていることを当社において保証するものではありません。各施設等における対応・施設・サービス等は、お客様ご自身においてご確認の上、対象者の症状、性質、身体状況等を踏まえた上で、お客様ご自身の責任においてご利用ください。

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント