• トップ>
  • 食事>
  • 胃瘻☆栄養剤とペースト食と外食(第一第二鰓弓症候群)

胃瘻☆栄養剤とペースト食と外食(第一第二鰓弓症候群)

対象者

性別
年齢 2歳
診断・症状 第一第二鰓弓症候群
気管切開 胃瘻

実践者

保護者(母) アイソカル280kcal×2回+ペースト食1回/1日(日によってペーストが2回)を注入しています。
アイソカルジュニア(1パック187円)は、保険がきかず自費です(ラコール、エンシュア、エネーボといった成人も対象の栄養剤は保険適用)。
そこで、アイソカルのみだと、かーの1ヶ月分の食費だけで単純計算して2万4000円弱(1日4と1/4パック)。
なお、我が家はネスレの定期便(10%OFF)を利用しています。金銭的な理由も大きく、早くペースト食にしたいと思いました。

ハウツー

かーの通っている児童発達支援事業所は、ミキサーをかけてくれるので、お昼はだいたいこんな感じで持たせています☆
お姉ちゃんのお弁当と同じようなおかずに、お米とお味噌汁。
成人用のレトルトのペースト食を持たせる時もあります。
成人用レトルトは1パック200円ぐらいするけど、魚やレバーを中心に、自分ではペーストにしにくいものと、カロリーの高いものを選んでいます。
乳児用はカロリーが低く、頑張っても1瓶30~40kcal程度しかないけど、さすが成人用は1パック80kcal以上のものもよくあります。
一方、外食では、たいていアイソカル1パックをもって、あとは、お店のスープとかマッシュポテトなどをアイソカルに混ぜて注入しています。
シリンジや接続チューブを店員さんに見せて、「これを入れられるようなコップ貸してください」と言ってます。
時に、ワイングラス(笑)
注入セットもなんだかおしゃれ(*^_^*)
時に、「倒れて割れないように」とご配慮いただき、子ども用コップをお借りして☆
初めは勇気が必要だったこの場所も、今では楽しい場所になってます(^^)

コツ・ポイント

障害児のママになって☆

※記事内で紹介している器具・製品等は、当該器具・製品等の取扱説明書等をご覧の上、正しくお使いください。記事内で紹介している器具・製品等の使用方法を含め、記事内の方法は、あくまで体験者の実践している方法であり、当社において安全性等において何ら保証するものではなく、また、全ての方に対応する方法ではありません。対象者の症状、性質、可能な食事形態などを踏まえ、実践者の自己判断で実践してください。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント