• トップ>
  • 食事>
  • イルリガートルでの注入に☆S字フックと鎖の活用とスタンド(ウエスト症候群)

イルリガートルでの注入に☆S字フックと鎖の活用とスタンド(ウエスト症候群)

対象者

性別
年齢 3歳
診断・症状 出血後水頭症 ウエスト症候群

実践者

保護者(母) ようちゃんは生まれてからずっと経管栄養(鼻から胃や腸まで管を入れて、そこから栄養摂取をしたり、胃ろうから栄養摂取したりすること)なので、初めて退院する時に家で注入出来るようにイルリガートルをかける場所の準備をして下さいねと病院に言われました。

ハウツー

イルリガートルとはこれですニコこれにミルクを入れて、胃に入ってる、チューブに繋げ、高さのあるところにかけて、滴下で落として、注入します☆(うちはキッチンにもフックを付けて、洗った後かけて、乾燥させてます)

ベビーベッドに棒を立てて、ガムテープ等で固定するという案を教えて貰いました(^^)
え。。。ガムテープ!?笑

ようちゃん、もう9ヶ月になってましたが、、、私にとっては生後1週間で新生児が初めておうちに帰って来るのと同じ感覚。

真新しいベビーベッドにガムテープ(^_^;)
それは絶対したくなかったので、見た目もまぁまぁの方法を考えました☆
家中、注入するだろうなと考えられる至るところにフックを付け、ホームセンターで買ってきた、プラスチックの鎖をかけて、そこにS字フックを付ける(^^)

高さの調整も出来るのでなかなか良かったです♡

ずっとこの方法でしたが、嘔吐が酷くて、胃管が無理で、腸までのEDチューブになり、ポンプを使って、19時間もかけてミルクの注入をすることになりました(^_^;)

家の中を移動する度にようちゃんを抱っこしながら、イルリガートルとポンプを持つのは不可能だったので、とうとう点滴棒を買うことにしました(>_<)
高そう。。っと思って調べたら、、
I.V.スタンド ブルー HP2090-B アズワン【点滴スタンド・イルリガートル台・点滴用】 楽天で6.000円でした(^^)
何万もすると思っていたので、、、これなら初めから買えば良かったかもーーと思いました☆
おそらく病院の点滴棒は何倍もの値段がするんでしょうが、、、病院のものと、さほど変わらず、しっかりしてます!
シルバーとピンクもあります♡

脚がしっかりしてるので、床にゴロンとネンネしながら注入するなら、NGです。。。
でも、、、床でゴロンとしながらの注入って寝てないと、本人が動いて、危険なので、やはり注入場所の確保が必要になるんですよね(^^)
ようちゃんはハイローチェアをずっと使ってました☆
あーなつかしい♡
ようちゃんは1歳半に胃瘻にしてからは、基本はミキサー食注入なので短時間で終わります(^^)
だから、パンダ(座位保持装置)に座っての注入でOK
イルリガートルでの注入は夜中に1回のみなので、日中イルリガートルを使うことはほとんどなくなりました。
なので、ハイローチェアとはお別れしました。
でももし、、イルリガートルで注入となると、、パンダだと姿勢良すぎて疲れちゃうのかなー。。。と思います(^^)
ハイローチェアも年齢的に限界ですし☆
無限工房のクッションチェアも良さそう(^_^;)
ようちゃんも欲しいな☆

でも。。これだけだと姿勢よく座って食事とか無理ですしね。。。
なかなかむずかぴーですね☆
ようちゃんの生活にはやっぱりパンダがベストなのかなぁ(^^)

ケアチャネルより一言

手軽に高さ調節できるのはいいですね☆
リーズナブルにアイデア勝負!でしたが、スタンドも意外に安いようです(^_^;)
お子さんの動きの多さによって選べたら(^^)

重症心身障害児ようちゃんの笑顔

※記事内で紹介している器具・製品等は、当該器具・製品等の取扱説明書等をご覧の上、正しくお使いください。記事内で紹介している器具・製品等の使用方法を含め、記事内の方法は、あくまで体験者の実践している方法であり、当社において安全性等を何ら保証するものではありません。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント