• トップ>
  • 食事>
  • 我が家のパサつきしやすい食材の解消法!☆ミキサー食でのオイルの活用(難治性てんかん)

我が家のパサつきしやすい食材の解消法!☆ミキサー食でのオイルの活用(難治性てんかん)

対象者

性別
年齢 2歳
診断・症状 難治性てんかん
胃瘻

実践者

保護者(母) ミキサー食を作っていく中で出てきた問題、、、肉、魚、カボチャやレバーなど、ミキサーしてすぐの時はトロトロでも時間が経つとパサついてきたりダマになったりしてシリンジで吸いにくくなる。
我が家流のやり方でご紹介します(*^_^*)

ハウツー

うちにある油といえばサラダ油、オリーヴオイル、ごま油、そしてこのアマニ油!
一時期流行った時に私も便乗して買ったけど使い切れず困っていたところに今回出番がきました!!笑
鮭をミキサーにしました。
通常通りお湯と食材をミキサーにかけてとろみ剤を入れる。
そこにアマニ油を大さじ2杯ほど入れて更にミキサーするととても滑らかになります。
実はこのやり方、イタリアンの調理法。
本来、ポタージュスープなどは生クリームなどの油分の多いものを入れて滑らかにしますがミキサー食では毎回、生クリームの味になったりでミキサー食には向きません。
だからここでオイル!
食材に保湿成分を入れてあげるような気持ちです。
他にも付け合わせのソースを作る時によくオリーヴオイルやサラダ油を使い滑らかにして作っているそうです。

魚類にはアマニ油、肉系にはサラダ油か胡麻油、野菜類にはオリーブオイルかサラダ油、、、と、いう感じになんとなく使い分けしてます。
(胡麻油以外はそこまで味に変化無し)

胃瘻っ子は便秘にもなりやすいしカロリーも欲しいところ。
便秘にも効果があるので油は強い味方です!
こんな感じで鶏胸肉も!
解凍してからもパサつきにくいので他の料理にもアレンジできます。
お野菜混ぜたりタレを入れたり、、、。
注入する人にも本人にも優しいご飯でありますように(^ν^)
髪を切りに行ったら前髪みじかスギ夫になったゆうのすけ笑
おでこ広し、、、笑

ケアチャネルより一言

思わずなるほどと言いたくなるオイルの活用法。
アレルギーなどは注意しなければいけませんが、胃瘻ペースト食の方はご参考に☆
短い前髪も似合ってるよ(^^)

ゆうのすけのWonderful Life

※記事内で紹介している器具・製品等は、当該器具・製品等の取扱説明書等をご覧の上、正しくお使いください。記事内で紹介している器具・製品等の使用方法を含め、記事内の方法は、あくまで体験者の実践している方法であり、当社において安全性等を何ら保証するものではありません。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント