• トップ>
  • 食事>
  • 持ち歩き用のとろみ剤入れ☆シロップ薬の容器(ウエスト症候群)

持ち歩き用のとろみ剤入れ☆シロップ薬の容器(ウエスト症候群)

対象者

性別
年齢 4歳
診断・症状 出血後水頭症 ウエスト症候群
胃瘻

実践者

保護者(母) ようちゃんのとろみ剤はネオハイトロミールⅢ(^^)
大袋を買って、セリアのドレッシングボトルに移し替えて使っています♡
療育センターの通園では、お茶のとろみ剤はセンターの物を使ってくれますが、給食のとろみ剤は持参します。

個包装のとろみ剤を持って行ってましたが、余った時に開け口をクルクルと折り曲げるだけっていうのが、なんだか嫌で。。。
捨てるのも、もちろん嫌で、だから無理やり1本使っちゃって、とろみが強すぎるという大失敗に終わる(^_^;)
はい、、、
なので、持ち歩き用も個包装の物はやめました☆

ハウツー

ジャジャーン!!!
シロップ薬の容器に入れましたーーー☆
ぴったりすぎて、洗い替えも欲しくなり、薬局にお願いして、譲っていただきました☆
1つ50円。大きさに関係なく1つ50円(^^)
他にも色々と使えて便利そうーーー(^^)
どれでも1つ50円☆

ケアチャネルより一言

もったいないから使いすぎて、とろみが強すぎて失敗・・あるあるじゃないでしょうか(^^)
意外に個別包装よりも大きなサイズから小分けにしたほうが、使い勝手もコスパもいいかもしれませんね☆

重症心身障害児ようちゃんの笑顔

※記事内で紹介している方法等は、あくまで体験者の実践している方法であり、当社において安全性や症状の改善・効果等を何ら保証するものではありません。お客様ご自身においてご確認の上、対象者の症状、性質、身体状況などを踏まえ、お客様の自己判断で実践してください。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント