• トップ>
  • 食事>
  • 摂食外来〜1回目〜☆今は過敏を取り除くことが大事(先天性声門下狭窄症)

摂食外来〜1回目〜☆今は過敏を取り除くことが大事(先天性声門下狭窄症)

対象者

性別
年齢 0歳
診断・症状 先天性声門下狭窄症
気管切開

実践者

保護者(母) 1日に何回も吐いてしまう、いっくん
哺乳瓶でも直母でも飲まない、いっくん
出だしは良かった離乳食、今じゃ食べず、むしろ離乳食の刺激で嘔吐する
唾液が多くなってきて、むせこみが多くなりました( ˙-˙ )

そこで希望をして、摂食外来に!!

先生に今までの経緯を伝えて先生から言われた一言

「7キロないと無理かな〜」

(; ̄Д ̄)なんですと!

ハウツー

・一般的に離乳食を始めるのは5ヶ月〜6ヶ月
その時期はだいたい7キロ前後ある
5キロの息子には身体機能的にもまだ早い

・経口の練習はしなくて良い
その代わりに口腔内の過敏を取ることが大事
食べ物を飲み込む時、舌べろは上顎にくっつけてごっくんをする
だから舌べろと上顎の過敏を少なくすること
手で触るだけじゃなくて、おもちゃを口にするだけでもいい刺激になっている

なぜ経口の練習をしなくて良いのか?
気管切開している子は味覚が感じにくい
母乳は味が薄い、そこでとろみを付けた母乳を口に入れられても、味はしないし、美味しいって感じない
だから、本人が私達の食べてるものをジーッと見たり、口をパクパクしたり、手を伸ばしてきたときに、その食べてる物をあげたりすることから始めるといい
味の濃い物、例えばスイートポテトとかあげてもいい、基本的には制限はないよ。

と言われました。

確かに、よだれは多くなったけど私達が食べているものを欲しがったりする素ぶりはしない
じーっと見たりするけど、食べ物じゃなく顔をみている感じだった
そう思ったら早かったのかも(◞‸◟)!

いっくんが食べたい!!食べてみたい!!

と、思ったときにいつでも経口摂取を始めれるように過敏を取り除くことが今は1番大事なことと教えてもらいました(`_´)ゞ

今まで食べさせなきゃ飲ませなきゃ経口訓練やらなきゃって必死になってて離乳食に期待して、6ヶ月頑張ってきたけど離乳食もだめでメンタルやられてたけど食べれない理由が知れて気持ちが楽になりました(ToT)
次の目標は7キロ!!!

先生から、「形態制限は出ちゃうかもしれないけど食べれるようになるよ」と言ってもらえたので7キロになるまでに口の状態をパーフェクトにしときたいと思います☆

ケアチャネルより一言

何でもそうかもしれませんが、目標を段階に分けて設定することって大事ですよね。
いっくんの場合はお口の過敏を減らすことと、体重を増やすことから☆
専門家の意見を聞けると安心もできますしね。ちょっとずつ焦らずに(^^)

気切っ子!いっくんの記録【先天性声門下狭窄症】

※記事内で紹介している対応・サービスは、あくまで体験者の対象者に合わせた実践例であり、全ての対象者の症状・状況に適しているものではなく、当社において情報等の正確性、完全性、確実性、有用性を有すること等について、何ら保証するものではありません。記事内で紹介している対応・サービス等は、お客様ご自身においてご確認の上、対象者の症状、性質、身体状況等を踏まえた上で、お客様ご自身の責任においてご利用ください。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント