• トップ>
  • 食事>
  • ミキサー食の進め方☆始め方や今の注入の量(ウエスト症候群)

ミキサー食の進め方☆始め方や今の注入の量(ウエスト症候群)

対象者

性別
年齢 4歳
診断・症状 出血後水頭症 ウエスト症候群
胃瘻

実践者

保護者(母) ジャジャーーーン!!

ハウツー

おいなりさんです(手抜きのやつ)
これに水、オリゴ糖、醤油を加えて5分位煮ました。
とろみ剤を加えながら、撹拌。
トロトロになりましたー
そして、スベラカーゼ粥の上にポテッとのせました。
スベラカーゼ粥は酢飯にはしませんでしたが、今度は酢飯にも挑戦してみたいです。
こちらはいつものお味噌汁(キャベツ、豆苗、もやし、人参、豆腐、鶏胸肉)
ミキサー食を始める時にどのように進めていったんだっけなー??と思い出してみました
ようちゃんが1歳半の時。胃ろうの手術が終わり、注入が落ち着いてきて、普通ならそろそろ退院。でもようちゃんはシャントを外ドレナージにしてたので、まだまだ退院出来ない

って頃に、お粥を10mlから始めました。
1回の注入量が150mlだったので、お粥を10ml注入して、30分後にミルクを140ml注入。

それを1日1回だけ。
全然っ平気だったので、お粥を20mlにしました。

お粥10ml注入
30分休憩
お粥10ml注入
30分休憩
ミルク130ml注入

お粥を少しずつ増やして、ミルクを減らしていき、様子をみて、おかずも注入。 最終的に、、
ミキサー食50ml注入
30分休憩
ミキサー食50ml注入
30分休憩
ミキサー食50ml注入

にして、退院しました。退院時はお昼のみミキサー食で、他の4回の注入はミルクでした。

入院が長かったので、ここまで入院して進められたのはラッキーでした
退院した日、ようちゃんにご飯を用意した時の喜びは忘れられません

でも。。いやーーー、、間の休憩30分が長すぎて、、やってらんない

外来で先生に相談。「様子見ながら短くしていいよ」ってことで、どんどんと短くしていき、翌月の外来時には5分にしちゃいました

ある程度のスピードで注入しないと、満腹感が得られず、ミキサー食のメリットが損なわれるように思います。

いただきますから、ごちそうさままでで、30分以内には終わります

今度はお昼以外にも注入したいと訴え、「お母さんの好きなようにしていいよ」と言われて、好きなようにさせていただきました、ここから暴走し始めたんだな、私

1歳のうちには1日3回+おやつをミキサー食。夜食で23時にエネーボ。になってたと思います。

カロリー計算は全くしてません。出来ません。知りません。

量でいいって言われました。だって普通のお母さんも、量で考えてますものね
あ、私も普通のお母さんですけどね

たまに栄養指導でどんなものを注入してるか、栄養士さんに話して、カロリー計算をして貰い、補えているのか、何が足りないのか、とかを教えて貰っています。

もっと乳製品を注入するようにとか、野菜が多すぎるとか、色々と教えてくれます。

栄養指導は、栄養士さんのいる病院なら、どこでも受けられるみたいです。

成長と共に少しずつミキサー食の量も増やしていき、、つい最近、夜食のエネーボがなくなりました。

1日まるまる完全ミキサー食

ようちゃん現在の注入メニュー
朝水分100ml+ミキサー食250ml
昼水分100ml+ミキサー食250ml
おやつ水分100ml+ミキサー食60ml
夜水分100ml+ミキサー食250ml
寝る前水分200ml

注入の仕方
水分100ml注入
10分休憩
ミキサー食90ml注入
5分休憩
ミキサー食80ml注入
5分休憩
ミキサー食80ml注入

エネーボは食物繊維が入ってるとはいえ、ミキサー食には及ばないのか、、、

うんちの量が増えました

量が増えたことで、出しやすくなったのか、快便です

体重はどうなったかなー、今月の受診が楽しみです!

ケアチャネルより一言

楽しみながら作っているのがわかりますね!
しかもたくさんいろいろなことを考えられていて、いつも感心させられます☆
負担にならないくらいのバランスで楽しみながら作れるのが理想でしょう(^^)

重症心身障害児ようちゃんの笑顔

※記事内で紹介している対応・サービスは、あくまで体験者の対象者に合わせた実践例であり、全ての対象者の症状・状況に適しているものではなく、当社において情報等の正確性、完全性、確実性、有用性を有すること等について、何ら保証するものではありません。記事内で紹介している対応・サービス等は、お客様ご自身においてご確認の上、対象者の症状、性質、身体状況等を踏まえた上で、お客様ご自身の責任においてご利用ください。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント